本日 36 人 - 昨日 74 人 - 累計 101170 人 サイトマップ
RSS
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです^-^

寒いけれど、テレビではもーっと寒い平昌絵文字で繰り広げられる熱い熱い試合の数々絵文字

金曜日、川西で一緒にライブだったpianoのNatashaさんと
「(冬の競技に)詳しくないんで...(^^ゞ」と
お互いわけわからず!?観戦していることを明かし、苦笑...

リュージュ チームパシュート ビッグエア スケルトン
スキーにも種類がいっぱい...(@_@)

ルールとか採点とかあんまりわからず見てて...
それらは、すごいスピードだったり高さだったり
見ていて超スリル。。。(@_@)

私の不勉強はともかく、
その日(金曜)の男子フィギュア、ショートプログラムは皆見ていて
「羽生は金とるでしょ」ってFLAPのマスターが断言されていました。

結果金にさらに銀もで、もう"すごい"とかいう言葉もぴったり来ないくらい。

これ以上平昌のことを書くとバンドのblogじゃなくなっちゃうので...

さて、
高槻ジャズストリートの抽選に当たり
5/4の本番に向けて選曲をしました絵文字
ジャズストなので、選曲はお店でのライブとはちょっと違って
マニアックな曲ばかりにならないように...
そして、せっかくの機会なので、新しい曲も入れていきたい§^。^§

まだレパートリーではなかった
"Scarborough Fair"
を今週末リハします!

この曲はもともとはイギリスの民謡で
Simon & Garfunkel(サイモンとガーファンクル)が、その歌詞に反戦歌詞を重ねて発表したバージョンが、1967年の映画「卒業」に使われて有名になりました。

セルメンはそれをカバーしていますが、反戦の歌詞は入れず
オリジナルの民謡の歌詞の印象的な最初の部分だけをリピートして、アレンジしています。

Scarborough Fair イギリスの古い民謡

Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to the one who lives there,
He once was a true love of mine.

スカボローの市(いち)にゆくの?
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
そこに住んでるあの人に私を忘れないでって
かつて私がほんとうに愛したひとなの

絵文字

パセリ、セージ...の意味については
よくわからないようなのです。
ハーブなので、何かのパワーがあって
おまじないみたいな感じなのかなぁ?

Sergio Mendes & Brasil'66の"Scarborough Fair"


収録アルバムはこちら!セルメンの事がなんでもわかるこちらのサイトから絵文字
FOOL ON THE HILL(1969)

土曜日のリハがとても楽しみです^-^

高槻ジャズでたくさんの方にBrasil'66を楽しんでいただきたいです絵文字

5/4 13:00はぜひ阪急高槻JK'sBIRDさんへ絵文字
まだ先ですが^^;

花粉も飛び始め
私はずっと鼻の調子が...((+_+))
鼻を取り替えたら、もっともっと良く歌えると思う。
うー言い訳みたいで嫌やなぁ

コンディションを整えるのってvocalの責任なんやから絵文字

いっぱい書きたいこともあって
いっぱい覚えたい歌があって
時間がもっと欲しいです(・・;)

今日もblogをお読みいただき
感謝ですm(_ _)m

ぜひまた遊びに来てください絵文字


こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです^-^
寒いです...(@_@)毎日
もっと寒いところよりは全然ましですが
でも水は凍って、雪がちらつく休日絵文字

週末土曜日
川西能勢口のBar、FLAPさんでJazzのライブでした。
今回ご一緒したpianoの東孝二さんとは、これまでトリオやカルテット+vocalで何度かライブしていますが、duoでは初めて絵文字

piano&vocalというシンプルな編成で演奏すると
つくづく、当たり前のことですが、お互いがお互いの良さを引き出し合うことに意味があると思えます。
より創造的に、よりパワフルに、より伝わるものになる絵文字

逆に歯車が狂うと、つまらない音楽になってしまう。

ほんとうに面白い...次も楽しみです§^。^§


その日は雨でしたが、気温は高め。

カウンターのお客さまと、ライブ後お喋りしました。
かつて?Jazzをよく聴かれたとおっしゃって
オスカー・ピーターソンや、クインシー・ジョーンズなどよくご存じで

あと、ジャズ以外で、ビリー・ジョエルとか

マイケル・ジャクソンのことも息子の友人?のように語られ...

私の知らなかったバンド
カリフォルニアのサーフロックのバンド"パブロ・クルーズ"のことや...
映画のことをおっしゃってたので、帰宅して調べたら
1977 年に公開された伝説のサーフムービー「フリーライド」の"Zero to Sixty in Five"という曲が有名だそう。

あと
「ハワイの"カラパナ"とか、ええやろ」
っておっしゃるので
「え?カピバラですか?」っていちおうボケてみたら
「あほ、それやったら温泉入らなあかんやん」
やって(笑)

セルメン好きな私にも心地よいハワイのサウンド絵文字
Kalapana"Nightbird"


自分でカピバラなんて言っちゃったもので
帰ってバンド名で調べようとしても、カピバラ、とかカラビナ(キーホルダーみたいなの)が邪魔して、なかなか"カラパナ"に辿り着けず焦りました(--〆)

その方はスピーカーの事もよくご存じで
ミナミにあったそうなのですが「バンビー」というJazz喫茶のこととかも話してくださいました。すごいスピーカー(名前も聞いたけど覚えられなかった...)があって、皆それで聴くために通ったんだって~絵文字

知らない世界いっぱいあるなぁ。。。
楽しかったです^-^

今週金曜日も、Natashaさんbassの福嶌康人さんと
FLAPさんで演奏します!
とても居心地のいいお店で、阪急川西能勢口駅(東改札)から近いので、アクセスが簡単です。
ライブ詳細は、ページ左下のリンクからご覧くださいm(_ _)m

風邪やインフルエンザ大丈夫でしょうか?
どうぞご自愛ください絵文字

今日もblogにおつき合いありがとうございました^-^
次回のご訪問お待ちしております!

こんにちは!2018年になり、もうひと月が過ぎ。。。
fevereiroフェヴェレイロ。。。2月となりました^-^
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです!

2月って短いせいか
え、明日から3月!?って毎年思うので><
ちゃんと毎日大切に過ごそう...

それで^-^
今日のタイトルには、3連?の顔文字まで持ってきて表現してみた!のですが

応募していたゴールデンウイーク5/3 5/4開催の高槻ジャズストリートの1回目の抽選発表が、先週火曜日にあり絵文字

ななななななんと。。。
SMK/Brasil66
5/4 13:00~に JK'sBIRDさんで演奏が出来ることになりました。
(阪急高槻市駅からすぐ近くです)

この会場は駅近の人気会場で
私はJazzのユニットで過去に数回出たことがあるのですが、とっても盛り上がる大好きなお店なのです。。。

日時と会場を選んで応募するシステムなので、
人気会場は競争率が高く難しいかなと思ったのですが
ホンマに嬉しい(〃艸〃)

やっぱ占いなんか信じない^^

絵文字

週末土曜日は
guitarのアーパさんとスタジオでDjavanの曲を合わせました。
難しいんだけど、これが結構...
楽しい↑
アーパさんがブラジルなギター絵文字を弾いてくださるので、自分もそれっぽく歌えてるような"気がする"

para raio22 (2018-02-04 23-01)
ポルトガル語の早口言葉みたいな歌詞を歌うと、どうしても馬鹿みたいな笑顔絵文字になってしまいます。歌詞の内容を考えると、Djavanのように、も少しクールな表情をしたいところ(・・;)
しかも歌ってる時、上下運動(飛び跳ねるまではいかないけど)してしまう(笑)

アーパさんが言ってたんだけど、ブラジルの音楽は(ノリが?)斜めの楕円形なんだって~そのせいで飛び跳ねてしまうのかな...??
そのうちに動画Upしたいです^^

今週からしばらくは、Jazzメインになりそう。。。
8日木曜日bassの中島教秀先生のところにレッスンに行って

10日土曜日20時~
川西能勢口FLAPさんで、pianoの東孝二さんとduoでライブ

17日金曜日20時~
川西能勢口FLAPさんで、Natashaさんbass福嶌康人さんとライブ

FLAPさんでは、私がpianoのNatashaさんをはじめ、知ってるミュージシャンに共演をお願いして、月1回または2回、演奏させていただいています!
ライブは無料です絵文字

アップライトピアノがあり、マスターこだわりの、木で内装された落ち着く空間、阪急宝塚線の川西能勢口からすぐです。

ぜひJazzの生演奏をBGMにカクテルやバーボンをお楽しみにお越しください。

寒いので...
特に夜出るのには気合が要りますが
どんな寒い夜でもお店の中は暖かく、音楽もあります絵文字

snapshot_025
川西能勢口 Bar FLAPさん

高槻ジャズに戻りますが^-^
強気の応募で当たったので、強気の選曲もしちゃいました☆

これから頑張って練習して
高槻ジャズが終わってレベルアップしたSMK/Brasil66になりたいです(゜-゜)絵文字

今日もblogを最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

SMK/Brasil66をよろしくお願いいたします(*^^*)

週末のJazz^-^

2018年01月29日
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです^-^

どうしても言ってしまう言葉...寒い...絵文字

週末、土曜日は朝起きたら10センチ越えの積雪 (゜-゜)
その後お日さまが出て、雪は日陰を除いて溶けましたが、水は凍ったまま~

でも、行きたいライブ&セッションがあったので
お気に入りのJazzスポット、下新庄のMellow Toneさんへ出かけました。

こちらのメンバーでした絵文字

野村恵美子(vo) 上山りく(pf) 三橋 香津史(wb) Yukie(ds)

ヴォーカルの野村さんはお会いするのが初めて絵文字
声質が太くて安定されていて、MCもうまいなーって思いました。
上山さんは以前にセッションで2回くらいお会いして、ピアノを聴いたことがあり、ライブで聴きたいと思っていたのです。演奏はめっちゃステキで、行ってよかったです絵文字
いつもちゃんとJazzが聴ける絵文字大好きなお店です絵文字

カウンターからの演奏風景(1回クリック+さらにクリックで大きくなります♪)
IMG_20180127_160928

ライブ後セッションになり、何曲か歌って帰りました^^
参加者の方とお喋りしたり、
1曲をヴォーカル3人で歌ったり(*^^*)
前ほどセッションに緊張しなくなったかも!?

次の日

日曜日は旭区のCafe de Iwaccoさんでライブ絵文字

東孝二(pf) 齊藤TAKA(ds)
あと私^-^

お2人とは何年ぶりかでご一緒が出来て、とても嬉しかったです絵文字

"ピアノにドラムに、ヴォーカル"という、私がこれまでやったことない編成で予定されたライブで、
予定通り1ステージ終了したのですが

休憩中に来られたお客さまが、ウッドベースのプレイヤーの方で
メンバーの知り合い。。。

ベースはお店にあり、お願いしたら2ステージ目の演奏に入ってくださることに~

当たり前の編成? "ピアノトリオ&ヴォーカル" となりました§^。^§

東孝二(pf) 武田昌之(wb) 齊藤TAKA(ds)
と私^-^

武田さん
ミイラ取りがミイラに(されちゃった)...
みたいな感じだけど

Jazzはコード(&メロディー)の譜面があったら、いきなりでも出来てしまうのでほんとうに楽しい(上手であれば)

それで、4月の寝屋川 Micci倶楽部さんでのライブでは、同じメンバーで正式にご一緒することになりました。

武田さんと少しお話出来て
私たちのセルメントリビュートバンドのことを言ったら
「門真ジャズとかに出られてた?何度か聴きましたよ」
っておっしゃるんで
すごくびっくりしました。

しかも2、3回聴いたって...
リピーターってことでいいのでしょうか。

嬉しいんですけど...(泣)

セルメンお好きで、アルバム何枚も持ってるとのこと
「万博のも持ってますよ」

来月のリハ後のミーティングで絶対皆に話そ...^-^

それにしても
Jazz難しい...自分進歩してるのかな...

iwacco 9 (2018-01-29 10-38)

今週末はこれも難しい (・。・;ポルトガル語の曲を
ギターのアーパさんとリハします。
Djavanの"Flor de Lis" と"Para Raio"

いつもYouheiさんのギターの音色に癒されていますが
ブラジルのギターって本当にその場の空気や温度さえ変えるみたい、
スタジオにブラジルの風が吹いて来そう(誇張じゃなく^^;)

今日もblogをお読みいただき、感謝ですm(_ _)m
毎日本当~に寒いですが、どうぞお元気でお過ごしください

またのご訪問こころよりお待ちしております!

こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。
今週はすごく絵文字寒くなるそう~
先週は寒さがましで、着込まなくて良かったけど
再びマフラーの登場絵文字^_^;

突然ですが
「占い」って私は信じないのですが

去年、関西で唯一の飲み友達(女性)と9月の末に新年会絵文字をした時(お互いの予定が合わずで、秋まで延びた>_<)
カウンターで飲みながら、その彼女が、生年月日とかで占いしてくれて...
「ユリちゃん、今年は最悪やわ~めっちゃ悪い」って。
「そうなん!?」
みたいな感じだったのですが
「来年良くなる?」
って聞いたら
「うーん...」と彼女は口ごもり
「来年も...まぁ、だんだんかなぁ~」
というわけで、つまりは今年も最悪レベルらしくって
占いは信じないと思ってるのに、「今年も最悪」っていうのが意識の内壁?にシールで貼られたみたいになってて(笑)

たぶん、ちょっと位のことには驚かないかも。。。

今日はロマンチックなタイトル絵文字

SMK/Brasil66のレパートリーで、Brasil'66のナンバー
"Like A Lover"

先週の金曜日、pianoのNatashaさんとのJazzのライブでも歌いました。

英語の歌詞がつけられた"Like A Lover"をセルメンや、沢山のアーチストがカバーしていますが
もとの曲は、60年代にDori Caymmiが作曲し、Nelson Mottaが作詞した
ポルトガル語歌詞の"O Cantador]"<吟遊詩人>
こちらは、愛を失ったCantador(歌い手)の歌への思いを歌っています。

最近歌詞の紹介が続いていますが^^;上手じゃないのにスミマセン絵文字
この英語歌詞は"Pretty World"と同じ作詞者によります。

でもちょっと甘々過ぎるため、どうにか冗談ぽく可愛く訳したい...
(英語の専門家ではないため、訳には間違いがあるかもです、ご了承ください)

"Like A Lover"
      written by Dori Caymmi 
      English lyrics by Alan & Marilyn Bergman

Like a lover, the morning sun 
まるで恋人みたいに、朝のお日さまは

slowly rises and kisses you awake 
ゆっくりと昇って、キスであなたを目覚めさせる絵文字

Your smile is soft and drowsy
あなたの微笑みは柔らかで...眠たげ

as you let it play upon your face 
あなたは顔の上で日差しを遊ばせる

Oh, how I dream 
あぁ、どれほど夢みてるか!

I might be like the morning sun to you
あなたへの朝の陽ざしのようになれたら...って

Like a lover, the river wind 
まるで恋人みたいに、川面に吹く風は

sighs and ripples its fingers through your hair 
ため息みたいに吹いて、さざ波をたてる、それはあなたの髪をすく指

Upon your cheek it lingers 
あなたの頬の上で、とどまってる

Never having known a sweeter place
これまで知ることもなかった、スイートな場所

Oh, how I dream 
あぁ、どれほど夢みてるか(>_<)

I might be like the river wind to you 
あなたへ吹く川面の風みたいになれるかも...

How I envy a cup that knows your lips
どれだけあなたの唇を知ってるティーカップが羨ましいか

Let it be me, my love 
カップが私だったらなぁ

And a table that feels your fingertips 
あなたの指先が当たるのを感じられるテーブル...

Let it be me, let me be your love 
それが私だったら 私だったら あなたの愛になれたら...

Bring an end to the endless days and nights without you  
あなた無しの日々や夜はもう終わりにしてよ

Like a lover, the velvet moon 
恋人みたいに、ベルベットの月は

shares your pillow and watches while you sleep 
月光で枕を分けあって、眠るあなたを見つめてる

Its light arrives on tiptoe
その光はつま先まで届いて

gently taking you in its embrace 
優しくあなたを包み込む

Oh, how I dream 
どれだけ夢みてるか

I might be like the velvet moon to you 
あなたへ届くベルベットの月みたいになれたらって

。。。。。。。

途中で絵文字、顔文字まで投入...(・・;)
可愛く訳するの難しい...

Sergio Mendes & Brasil'66 "Like A Lover"


今年も高槻ジャズの応募(抽選)が始まります。
当たって欲しいです(゜-゜)絵文字

今日もblogを最後までお読みいただき、ありがとうございます!
厳寒の日々、どうぞお風邪に気を付けてください絵文字

ぜひ、また遊びにお越しください^-^/

次の5件 >>