本日 325 人 - 昨日 272 人 - 累計 285951 人
サイトマップ
RSS
SMK/Brasil66Vocalのユリです。今週は先週より更に寒いです。インフルの噂もあちこちで(;_;)

例年寒い季節に、秋田出身の友人と「寒い地方では暖房が完備されていて、それほど辛くないらしいね」という話になります。その彼女がここ関西では、私より寒がりなのも納得したり。
そういえば弟が、冬は零下になるのが当たり前らしいボストンに住んでいた時、部屋ではTシャツだと言っていたような。

東北の人は寒がり...仮設住宅がちゃんと暖かいか、とても心配になります。被災地のインフルエンザの流行も気になるし、寒さはもうこの位にして欲しいです。

この間の日曜日、予定がぽっかり空いていたので、久しぶりに三宮のライブハウスSONEに「昼下がりのジャズライブ」を聴きに行きました。メンバーは Vo 北川真美 P 西本貴至 B 井手厚 D 岩高 淳さん。 1人でふらっとなので、席も空いてるとこに座って(相席ですね)♪
聴けてよかったなと思ったのは、「Fever」「 Moanin'」「Bewitched」そして「Triste」です。
「Moanin'」と「Triste」!!はインストで、すごく素敵でした。「Triste」は特にうっとり...最近SMK/Brasil66のレパートリーになった曲なので、自分にはかなりツボでした(~o~)その他にもスタンダードが多くて(Vo北川さんはVerseから何曲も歌ってました)勉強になりました(^-^)


こんにちは!!SMK/Brasil66Vocalのユリです。このところホントに寒くて真冬を感じる日々が続きます。庭には霜柱が...。これ、踏んづけるの楽しいんですよね( ..)φ
さて、タイトルに!←びっくりマークまで付けて元気を装って?いますが、高槻の1回目の抽選。。。外れました(;;)んん~めっちゃ残念です(;;)あっちの会場にしてたら当たったんかなあーーと済んだことを考えたりしますが、まだ2回くらい応募のチャンスがあるので、挑戦したいと思います。やっぱ私、くじ運悪かったんやなあ...(ーー゛)メンバーの皆さんごめんなさい。あまり期待せずに次の結果待っててくださーい。

ところで、ジャズでVocalしている2バンドのうち1つ当たりました...これは私が応募手続きをしたのではないんですけど。
高槻ジャズ...抽選無しで出られた時代?を知ってるだけになんか悲しいですが、それだけジャズなどの音楽活動が関西で盛り上がっているという事なので、素晴らしいことだと思わないといけないのかな!(びっくりマーク多い...?)
ジャズのイベントは継続しないものも多いようで、開催が定着して14回目を迎えた高槻に応募が集中しているのもあるのかなぁ。

出番は欲しいですけど、出番のために歌ってるのとは違うし。そういう機会に届けることの出来る歌が歌えるように、Vocalとして日々良くなりたいです♪

SMK/Brasil66のVocalユリです☆毎日寒いですが、雨や雪で少し潤ったのでしょうか。カラカラも困るし大雪も困るし・・・。寒いのも辛いけど、ヘンに"寒くない冬"も落ち着かない。だんだん普通の冬がどうだったのか、わからなくなって来ます。
SMK/Brasil66は関西で活動していますが、関西では、かの有名な!?「神戸ジャズストリート」だけでなく、色々な場所でジャズのイベントが開催されています。
昨年秋に出演が実現した枚方宿と同様、宿場町の街道沿いに繰り広げられる守口宿ジャズストリートや、門真ジャズフェスティバル(2010年までは守口・門真は一緒に開催していました。)
その他にも、西院ミュージックフェスティバル、天満音楽祭など・・・
西宮や芦屋などでもあるようです(゜-゜)
毎年の初め頃に応募があるのが、「高槻ジャズストリート」1999年に始まってからどんどん応募バンド数が増え、最近は出たくても出られません。大きなジャズのイベントとして定着して来たのはすごい事で・・・。昨年ジャズの2バンド両方でvocalで参加出来たのって超ラッキーだったようです(・。・;
もし出られなければ、聴きに行っても楽しいもの...ね♪♪
とはいえ、SMK/Brasil66初の応募で、出演が決まるなんていう夢のような事が起こらないかなあと...心の奥では思ってます。

レパートリーに加えようと練習中の「Like A Lover」
 ↓-bass drums
画像
(昨年12月スタジオリハより♪アコースティックバージョンで...
※この時欠席のbassハリーさんは兼vocalなので、男性コーラス無いはずなのに聴こえてくる歌声?は...。いつもリハの録音の演奏途中に、おしゃべりとか笑い声入ってるのを聴くと、すっごい和みます。バンドって良いなあってほんとに思います。)

こんにちは。SMK/Brasil66のVocalユリです♪
今日はほんとーに寒かったです(関西でも・・・)
自分の住んでいる所は毎朝氷が張りますが、こんなに寒いとその氷がだんだんと厚みを増して・・・。外の蛇口は一日水が出ないこともあります( ..)
手洗い、うがい、部屋の加湿をして、冬を元気に乗り切りたいです。

さて1月のリハは、梅田からもそう遠くない中津のライブカフェ、JAMJAMさんで行いました。枚方宿ジャズストリート以来のフルメンバーでの演奏♪そして今年の初練習♪やっぱり楽しかったです(^-^)V
練習後はそのままの場所でSMK/Brasil66初宴会も・・・☆
セルメン曲以外で他で活動などしているメンバーばかりなので、セッションも楽しかったです。私も梅酒飲んでいい気分で数曲歌わせていただきました(*^^*)
 ↓フルメンバーでの初練習
画像タグ♪音源用.jpg


ご訪問頂きありがとうございますm(_ _)m
お風邪など気をつけてくださいね(^-^)

こんにちは♪SMK/Brasil66のVocalユリです(^-^)
新しい年の始まりを皆さまどのように過ごされているでしょうか。

自分がVocal担当なので、セルメン66のシンガー達の歌唱力にはいつも感心感動・・・憧れています☆

Sergio Mendes&Brasil66ではメンバーが途中で変わったこともあり、ヴォーカルも何人かが担当しました。中でも有名なのは、ラニ・ホール(Lani Hall)ではないでしょうか。魅力的な声と歌唱力の持ち主であるラニはセルメン66で素晴らしい録音を残していて、それらは現在でも色あせることがありません。
さてセルメン66の3作目のアルバム「Look Around」まで、ラニと歌っていたのはジャニス・ハンセン(Janis Hansen)4作目の「Fool On The Hill」からはカレン・フィリップ(Karen Philipp)です。

不思議に思うのですが、映像を見る限り、ラニの歌と同様ジャニスやカレンが歌っているところも素晴らしいのに、なぜラニばかりがセルメン66のシンガーとして讃えられるのでしょう?
実際映像が無いとどこからどこまでラニが歌っているんだか区別がつかないんです??それほど(ジャニスやカレンが歌っているはずのところも)歌は素晴らしい。
ラニの歌を重ねているという疑惑も・・・。
Sergio MendesのBrasil66の作品はすごく計算された完璧にも思えるものなので、そういう仕掛けがあっても納得かも知れません。

SMK/Brasil66では曲にVocalのソロがあるものは、ナオとユリ(私)が1回ずつ歌うようにしています♪

↓ラニ、ジャニス、カレン超キュートです。
↓バービー人形みたい。目の保養ですね~§^。^§

ラニ&ジャニス♪
ラニ&カレン♪ 

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
関西のセルメンやボサノバが大好きなメンバーによるセルメン66コピーバンドSMK/Brasil66ヴォーカルのユリです。
現在高槻ジャズストリートエントリーの準備中です。
メンバー全員のミュージシャン登録がすんだら、会場抽選に挑戦するつもりです。
通常のライブハウスでのライブも好きですが、いろんな人に聴いて貰えるジャズストやジャズフェスって魅力的です。
音楽のお祭りですから、演奏する者と聴く人のパワーの両方が感じられて楽しいんです♪
高槻ジャズストリートの会場抽選は倍率が年々高くなっていて、簡単に出演出来なくなってしまいましたが
うまく出られたらいいなあ(祈)
当HPに訪問してくださったセルメンファンの方からのコメントもお待ちしております。