本日 315 人 - 昨日 272 人 - 累計 285941 人
サイトマップ
RSS
こんにちは(^-^)SMK/Brasil66 Vocalのユリです。
サンスイさんの1回目ライブが終わり、6月末まで今のところ本番の予定はありません。
今週末にはSMK/Brasil66のスタジオ練習はありますけど、どーしても本番前に比べるとテンションが低下してしまうのは避けられません(>o<)
それを避けるにはやはり、良い演奏を聴く(出来ればライブ)
JAMセッションなどに行く、毎週バンド練習する! パート練習する(^◇^)など、音楽から遠ざかる事なく過ごす努力が(出来るなら...)必要ですぅ。

さて、「テンションが上がる↑」という言葉・・・気持ちが盛り上がるという意味で、使われることが多いのですが、tensionという英単語は、緊張とか圧力、張力などの意味・・・
例えば<a high‐tension wire 高圧線>
それをある時知ってから、テンションという言葉は、良い意味での緊張、張り合い、という感覚で、口にするようにしています。日本でも「張り切る」とか、「頑張る」とか(張)のついた前向きな言葉、ありますよね(^o^)

それにしても、今私ハイテンションで♪⇒今私高圧で???
まぁ、気にし出したら、和製英語って沢山あるから、それはそれで別の言葉として、日本人の間で使えば問題ないのかなー(^_^;)

緊張って・・・私は大切だと思います。
人間関係においても。もちろん良い意味での緊張です。相手を尊重していたら、ある程度の心地よい緊張感って失われないと思うので(^-^)
音楽でいえばJazzを素敵にするのが「テンションノート」という本来響きあう和音に加えて、緊張感を持たせる音。
考えてみたら、緊張感って平和が前提で、そこにあるから良いとも感じられる、贅沢なものなんですね。。。♪

ところで、私のテンションを下げるもの・・・
初夏の花粉

このところ鼻がむずむずして、目までかゆくなるので、黄砂かと思って黄砂情報を調べましたが、特に今は飛んでませんでした。
という事は花粉かなあ。ホコリかなあ?

張り切ろうと思ってても、鼻ばっかりかんでたらちょっと難しい~(;_;)

前回のライブからConstant Rain(Chove Chuva)の動画をUpしました。今窓の外はやや久しぶりの雨...
※Constant Rain(Chove Chuva)については、3月2日付けブログでも取り上げていますm(_ _)m
画像
↑クリックでYoutubeからお聴きいただけます(^-^)

明日は、予報によると夏日になるようで...
相変わらず着たり脱いだりが忙しい!?5月です。
体調管理お気をつけください♪

それではまた♪ブログを見て頂きありがとうございましたm(_ _)m


こんにちは~SMK/Brasil66 Vo.ユリです。ブログを見て頂き、ほんとうにありがとうございます!
今年の5月はちょっと気候が不安定なようで、朝に'五月晴れ'でも何か疑っちゃうというか、天気の急変・・・油断できません(・・;)雹(ひょう)の被害とかも心配です。
昨日の夜も、家の近辺ですけど、車で走っていると、夜の空が稲光でピカッと度々明るくなって。ザーッ///と降って来るかと思ったんですけど・・・来ませんでした^_^;
ところで、車の中にいたら雷が車に落ちても大丈夫(電気が地面に逃げる)ってよく聞きますよね~車の中で、金属部分に触らないようにして、じっとしてたら安全なのかな?車は壊れちゃうのかな?とか??疑問ですけど、出来れば...いや絶対に、経験は...したくないですね。。。
中学生の頃...私はなぜか雷が全然怖くなくって、下校時に鉄塔が見えるとこがあり、そこでその鉄塔に何度も稲妻が走るのを、飽きずに眺めていた記憶があります→(゜-゜)
今はふつうに雷怖いです(・-・;

前回のブログでは
最新のライブ録音から「The Joker」を紹介させて頂きました。
同時に歌詞を日本語でご紹介したかったのですが
私なりに理解して歌っていた内容を、訳詩として公開するのには不十分と感じましたので...
専門の方のお力を借りました♪~↑↑

曲もステキですが歌詞も魅力的(なんとも味のある詩...)なんです。以下要約です☆

The Joker (LeslieBricusse /AnthonyNewley) 翻訳 akikobossa

いつも(人生/トランプの)ゲームには笑われ者(ジョーカー)がいるもんだ

たまたま手違いでそいつが笑われ者にされただけなのに

みんなは同じようにからかうのさ...

やつが傷ついて孤独なことにも気づかずに

誰かが道化師の役回りをしていれば

それでいいんだ

笑われ者の気持ちなど、気にとめないんだ

カードが配られた、そして道化師(ジョーカー)は

今度は...僕なのさ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ご訪問ありがとうございました(*^^*)

SMK/Brasil66のVo. ユリです。ご訪問ありがとうございます^_^♪
昨日...もう一昨日になりましたが、伊丹のステキなラテン系ライブスペース、Salon de SansuiさんでSMK/Brasil66結成以来2度目のステージそして、ライブハウスデビューをさせて頂きましたm(_ _)m
SMK/Brasil66の、記念すべきライブに来てくださったお客さまに感謝ですm(_ _)m
Salon de Sansuiさんお世話になりました。

さて記念すべき!?ライブハウスでの2回目ライブ♪(^◇^)も、6月30日(土)同じくSalon de Sansuiさんでございまーす。

bn-sansui02ホームページ.gif

Vo. ナオちゃんも、サンスイさんをすごく気に入ってました♪
私はジャズで出演させて頂いたことがありますが、やっぱりラテンな空間なんですよねー。
そして、パーカッション奏者のマスターも、ギタリストの息子さんも、温かく優しい雰囲気で、ほのぼのします。

SMK/Brasil66のステージについてはもっともっと良くしたいです!6月のSalon de Sansuiさんで、更に進化を遂げたい?です(^o^)本気ですよ~(いつでも)

さて、ライブの録音より「The Joker」です。
この曲は...何だか癖になる曲、だと思いませんか??
ぜひ聴いてみてくださいm(_ _)m そして、どうして癖になるのか...もし答えがでたら教えて欲しいです♪(・・;)

※出来ればヘッドホン等ご使用ください。

画像タグ♪音源用.jpg
↑クリックでyoutubeからお聴きいただけます(^-^)

コピーバンドの演奏ではわからないという場合は...(^_-)-☆「The Joker」も収録されている、オリジナルのアルバム情報を、セルジオ・メンデスの情報満載のこちらから...
アルバム「ハーブ・アルパートプレゼンツ」

今日もブログを見て頂き↑ありがとうございましたm(_ _)m

セルジオ・メンデス&ブラジル66のナンバーをコピーして演奏している関西のバンドSMK/Brasil66 Vocalのユリです。HPにご訪問ありがとうございます!
今日は少し空気が冷んやりとしました。風邪にはどうぞ気をつけてくださいね。
ついに今度の日曜日、伊丹のSalon de Sansuiさんでライブです(*^-^*)
昨年の4月30日に、初めて最初のメンバーが集まり
その後パーカッションも加わって、現在の8名がそろったのは秋。
昨年11月に枚方宿ジャズストリートで初ライブして以来の、本番のステージです。
5月13日のSalon de Sansuiさんではギター以外の7名で演奏します。
 
 演奏予定曲目は
 
 Agua de Beber おいしい水
 Triste トリステ
 The Joker ザ ジョーカー
 Constant Rain コンスタント レイン
 Night And Day ナイト アンド デイ
 Batucada バトゥカーダ
 Going Out Of My Head 君に夢中
 Like A Lover ライク ア ラバー
 One Note Samba ワン ノート サンバ
 Fool On The Hill フール オン ザ ヒル
 Wave ウエイブ
 Pretty World プリティ ワールド
 Mas Que Nada マシュ ケ ナダ
 Day Tripper デイ トリッパー

これらの曲は、1年間バンドで準備してきた「全曲」です^_^;
時間が大丈夫であれば、カットせずに全曲演奏したいと思っています。
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲、ビートルズの曲、その他ポップスやスタンダードにセルジオ・メンデスがアレンジを加え1960年代に発表された、ステキな曲ばかりです。
Vocalは、ほぼ、オリジナルそのまま(のつもりです)、楽器のほうはアドリブも加えて、お届けいたします。

セルジオ・メンデス&ブラジル66のナンバーを歌うのは、本当に楽しいです。
歌うのが楽しいのはジャズでもモチロン楽しいものですが、
このバンドで歌う時、自分自身セルジオ・メンデス&ブラジル66の大ファンでもあるので、歌いつつ、60年代のセルメンナンバーを聴いている観客の自分もいるような感じなんです♪
すこしでもオリジナルの雰囲気に近づけるように...
が ん ば り まーーーーす♪(^-^)♪

画像タグ♪音源用.jpg
↑こんな演奏をしています。クリックでYoutubeから聴いていただけますm(_ _)m

bn-sansui02ホームページ.gif
お席についてはSalon de Sansuiさんまでお問い合わせください。
ブログをご覧頂き、今日も...ありがとうございましたm(_ _)m

GW後半ははっきりしないお天気でした。SMK/Brasil66 Vocalのユリです(^-^)ご訪問、そしてブログを読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m
降り続くわけではないけど、このところ傘が手放せないです。
ところで、最近は「折りたたみ傘」も、ボタンひとつで開くものがあるんですよね(^◇^)さらにたたむのも、ボタン押すとパシッと?たためます。あとはクルクル巻くだけ。
昔ながらの?折りたたみ傘も、持ってますが、たたむのが結構面倒だし、普通の傘と違ってたたまない状態では携帯しにくいんですよね(--〆)
折りたたみジャンプ傘...とーっても簡単!便利で、何度もボタンを押したくなります(ならないか?)
※あ、モチロン開く時には、迷惑をかけないように...怪我にも十分注意が必要です(^_-)-☆

さて、5月3日、4日の2012高槻ジャズストリート、私達のバンドSMK/Brasil66は、残念ながら、抽選に外れて出演がかないませんでした...。
私はジャズの別バンド JAMJAMClubで、3日13時~阪急高槻市駅からすぐのSHOT BAR「JK's Bird」に出演して来ました。
高槻ジャズ...すごーーーく楽しかったです。
歌った曲はスタンダードです♪
Almost Like Being In Love
Meditation
Misty
On The Sunny Side Of The Street
Someone To Watch Over Me
Route66
ここ数年、ほぼ毎年ジャズのバンドで、高槻ジャズストリートには出演しているのですが、いつもお客さんの反応が最高に良いんです。
音楽を知ってる、音楽の楽しみ方を知ってる方が聴きに来てくれていると感じます。
手拍子や掛け声や、そういうのが、全然要求しなくても頂けて、ちょっとした短いアドリブでも即座に拍手をしてくれて、MC(おしゃべり)には笑ってくれて。曲のこともよくご存知で、口ずさみながら聴いて下さる方とかも。
バンドのレベルUp、歌のレベルUp常に頑張っていますが、何にも増して、高槻ジャズのお客さんのレベル、最上級なんですよねー(^o^)丿
反応の良いお客さんに、ミュージシャンは(プロ、アマ問わず)育てられているんだと思います。
高槻ジャズに出演希望のバンドが多いのも納得です。
高槻ジャズ最高です^-^↑

SMK/Brasil66 来年は出演出来たらいいなあ...

SMK/Brasil66 の伊丹Salon de Sansuiのライブ!ついに1週間後です♪
昨日のスタジオリハでは、曲のアレンジ変更などで盛り上がりました。
とにかく楽しいものにしたいです(^-^)

画像タグ♪音源用.jpg
↑クリックでスタジオでの録音が聴いて頂けますm(_ _)m

bn-sansui02ホームページ.gif
お席については、Salon de Sansuiさんまで、お問い合わせくださいm(_ _)m
ではまた(^-^)♪

こんにちは(^-^)SMK/Brasil66のVo.ユリです。GW合間の平日なのですが、私は今週はピアノのレッスンお休みにしています。
ブログを読んで頂き本当~に感謝です♪
今日のブログは長いです...(ーー゛)
最後まで読んでくださったらもーーーっと感謝ですm(_ _)m
あ、先に感謝しちゃいました(^_^;)

4/30夜、SMK/Brasil66のVo.Naoちゃん主催の、プライベートなライブパーティがあり、もうひとつのバンドと2バンドで演奏しました♪ 競演したのはアシッドジャズのバンドさんで、とっても上手でしたよー♪
アシッドジャズという言葉(ジャンル?)は私は恥ずかしながらかなり最近知ったのですが、ダンサブルなジャズテイストの洋楽(ポップス)っていう感じだと思います(たぶん(・・;))

さて、ダンサブルというと、前回のブログで「Sergio Mendesのビルボードライブ大阪公演に行きます」、そして、「ライブ中に踊ってもいいのかなぁ?」ということを書きました。で、「私が踊ったかどうか報告します」と...書きました!

ビルボードライブ大阪で、他アーティストのライブを聴いた時に、踊った経験はなかったのですが、Sergio Mendesの以前の東京公演のレポート(ブログ)で、かなりの人が踊っていたと書いてたのを見たので...。
で結果は、踊らなかった...です^_^;
確かにかなりの人が(半数くらい?)踊ってましたけど...
理由は、当たり前なことですが、自分の後ろに席があって、そこの方たちは座ってらっしゃったからです(段差はあるのですが、立つと視界をふさぎそうで(゜-゜))
フロアの自由席のステージかぶりつきの真ん中のテーブルの人たちはほとんど立って踊っていました。その後ろのテーブルの人たちは座っていたのでやはり気の毒に感じました(; ;)
※ビルボードライブはステージから見て、正面がフロアにテーブルを置いた自由席で、その周辺の段差で上がったところにもテーブル席、それを取り巻くカウンター状の自由席、その更に後方に、同じくカウンター状のカジュアル席があります。(今回私はカジュアル席でした。)

出演アーティストからしたら、盛り上がっている観客のスタンディングは嬉しいだろうから、難しい問題です(禁止というのも味気ない?し。。。)

ライブはSMK/Brasil66のギター担当youheiさんも大好きな「3月の雨Aquas De Marco」から始まって「Pretty World」...そして「Girl From Ipanema」はSergio Mendesはポルトガル語で、奥さんのグラシーニャ・レポラーセら女性Vo.らは英語で交互に歌いました♪
女性シンガー達の上手さももちろんですが、Sergio Mendesの甘い声、生でもやっぱり甘かった~♪です。魅惑のVoiceでした。
「Pretty World」や「Going Out Of My Head」「Fool On The Hill」などは、70年万博の来日時のライブを思わせるアレンジで、「Aqua De Beber」などはラップバージョンと、新旧のアレンジを取り混ぜて楽しませてくれました。
「Berimbau」ではSergio MendesがアドリブでクラシックのBolero(ボレロ ラヴェル)のワンフレーズをさりげなく弾いたり、真っ赤のタンクトップを着たパーカッショニストが舞台中央まで出てきて、ダンスをし、超絶技巧のパーカッションパフォーマンスを披露してくれました。
「The Look Of Love」「Magalenha」「Mas Que Nada」などで盛り上がりも最高潮、手のひらが痛いくらい手拍子しました((^O^))
アンコールでも「Tristeza」「Somewhere In The Hills」などポピュラーな曲を3曲も聴かせてくれて、大満足なんですが、それでも、もっともっともーっとホンとは聴きたかったです♪

↓クリックしてお聴きくださいm(_ _)m SMK/Brasil66はSergio Mendes&Brasil66のナンバーを演奏しています。
画像タグ♪音源用.jpg

伊丹Salon de Sansuiでのライブが近づいて来ました↑
bn-sansui02ホームページ.gif

5月13日(日)19時~2ステージ。チャージ1000円(飲食別)となっております。お席については、お手数ですがSalon de Sansuiさんまでお問い合わせください。

さて、私は5月3日(木)高槻ジャズストリートでJK's BirdというライブハウスにJAMJAMClubというジャズのコンボで13時~出演します。
高槻ジャズが終わるまでは、頭を大好きなナタリー・コールとかに切り替えて(可能な限り...)頑張って来ます。

今日のブログ長くてほんとに...予告通り(>_<)
お疲れさまでした_(._.)_プレゼントはありませんが。。。
完読してくださってほんとう~~に感謝いたしますm(_ _)m
ではまた(^-^)