本日 0 人 - 昨日 330 人 - 累計 285956 人
サイトマップ
RSS
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです^-^

最近Jazz熱に取りつかれ??ブログの内容がJazzのことに偏っていたような^^;
Jazzだってずっとやっていて今更Jazz熱ってヘンですが...

セルメンのBrasil'66とJazzどっちも大好きで絵文字
どっちを歌うときもとってもHappy絵文字ですが

リズムや音づかいが違うので、出来たらどっちかに専念して練習したいというのはあります。
直近の本番やリハに合わせて(^_^;)

そういえば、
同じ歌手でも
Jazzシンガー Bluesシンガー Rockシンガー 
そしてBrasilの曲を歌うシンガー
同じではないと思うんです。
歌詞に込める気持ちの持ちようというか、哲学?が...

私がスタンダードの曲について参考にさせていただく
<Jazzと読書の日々> という素敵なサイトがあるのですが
そのブロガーさんのプロフィール欄にこうあるんです。

ーブルースは泣きながら「人生は哀しい」と唄い、ロックは怒りながら「人生は哀しい」と唄い、ジャズは笑いながら「人生は哀しい」と唄うー

これを見た時、
その通りやなあ!!って思いました。

私がJazzを歌うことが好きな理由のひとつが
Jazzは笑いながら「哀しい」と歌うからなんです。

去って行った恋人との思い出を胸に「帰ってくれ」と歌う
Lover Come Back To Meや

恋人にさよならを告げられ「ハートだけ持って行って、なぜ私の全てを奪ってくれないの」と歌う
All Of Me
いかにも軽快に笑顔で歌われる曲でも失恋の歌絵文字だったりします。

いかにも哀しそうに歌ってるJazzもあるんですが...
ビリー・ホリディBillie Holidayの歌うバラードとか
でもやっぱり心の中で笑ってるような?
その笑いは自分への嘲笑です。。。自虐ですね。

それって究極の辛さや哀しみの表現なのかも。

さて、それではBrasilの曲はどうでしょう?

Brasilの曲も、歌手は笑いながら哀しいと歌ってる
そう思うんですが、Jazzとは違うふうに感じます。

もっとあっけらかんとしていて...
その実達観している。

哀しいもんは哀しいけど
愛はいつか終わるし、人は死ぬし、それを曲にしたらこんな綺麗なメロディーで
素敵なリズムで、さぁ楽しんで歌おう、踊ろう、
みたいな?
ブラジル人って、音楽と踊りが本当に大好きなんやなぁ~絵文字
って思います(サッカーも結構好きやけど!!)

Tristeza 悲しみ


Tristeza歌いたくなりました絵文字

関西は週末雨がいっぱい降りましたが
雪の降った関東のように冷え込んではいません。

そろそろ寒さが来るのかも...

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。
忙しい12月が目前ですが、どうぞご自愛ください^-^絵文字


こんにちは!関西は雨の週末でした。SMK/Brasl66 ヴォーカルのYuriです♪

ところで前回のブログを書いたとき(14日月曜日)お天気が良くなくて「寒々とした週明け」みたいなことを書いたのですが
その後気温は高く、庭で水やりと落ち葉集めをしていたら、ブーンと蚊が飛んできて顔を!刺されました(@_@)

雨模様ですが絵文字、11月とは思えない暖かさは今日も続いています。

さて、先週木曜日は久しぶりにベースの先生のレッスンを受けに行きました。
こう書くと、私がベースを弾くのか!?と思われるかも知れませんが...
正確には、ベースの先生に歌を聴いて貰うのです。

今回聴いていただいたのは'Tis Autumnという歌...
先生のウッドベースに合わせて歌ったのを録音して、それを聴いてコメントを
くださるのです。

いくつかの英語に関するアドバイス、表現に関すること、などヒントを頂きました。先生は中島教秀さんです絵文字

初めてのレッスンの時から毎回、ピンポイントで指摘をしてくださるので

私は道を外れずにすむ!?というか、ここ真っすぐ行ったらほんとのJazzがあると思える道を歩いてる気がしています。

とはいっても歩き始めたばかりで、一生かかってもゴールには行けないと思いますが( ..)φ

ゴールには更に高ーい山があって、その頂きに、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ヴォーン、カーメン・マクレエなんかがいるんですよねー。
視界に山が見えるくらいの所まで行きたいなー(^_^;)

そして、日曜日は下新庄のMellow Toneさんにセッションに行って来ました。
初めて行った日にプロのハウスミュージシャンの方達の演奏にすっかり惹きつけられたため...
訪れたのですが
Mellow Toneさん、日曜日は通常セッションday絵文字

すっごい上手な管楽器やギターの方が勢揃いで...
スタンダードジャズではない、私の知らない曲が次々と...

モダンジャズで私が曲名を知っている、オレオでもザ・チキンでもチェロキーでもない。。。
なんか知らんけど(>_<)coolな曲

テンションの洪水に...絵文字

どうにか浮かんでいた私(リスナーとして)

ソウルアイズSoul Eyesと黒いオルフェBlack Orpheus、など少し知ってる曲もありましたが...絵文字

モダンジャズはそんなには聴きませんが、
上手じゃなかったり、なんちゃってモダンジャズは私にもわかります。

とにかく日曜午後のMellow Toneさんのあの空間はすごかった。。。(゜-゜)

そして、1人だけ紛れ込んだスタンダードジャズを歌う私絵文字
気後れ感はんぱなかったけれど、皆さん暖かく見守ってくださって...
スタンダードの定番セッション曲にも付き合っていただき...

最後はこれも私に合わせて「Route66を皆で」となって
スキャットやって楽しかったです^^

ヴォーカルなんで、スイング、スタンダードジャズが好きなんですが
濃いモダンジャズの鑑賞も興味津々面白かったです絵文字

ところでずっと鼻の調子が悪すぎで、
お薬飲んでもパッとしません。
歌は歌えましたが、音の抜けがとても悪いです(涙)
眼も痒くなるし...

春に次いで秋も結構アレルギーの反応が出るようです。
どうぞお気を付けください絵文字

今日もブログをお読みいただきありがとうございました!
またぜひお立ち寄りください絵文字

こんにちは^-^SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです♪
一昨日と昨日は京阪枚方市駅と枚方公園駅周辺で、枚方宿ジャズストリートが開催されました。

京阪枚方市駅のコンコース今回もたくさんの方にお集まりいただき絵文字
演奏することが出来ましたm(_ _)m
イベントは本当に楽しい絵文字大好きです~

枚方宿ジャズストリートは今年で15回目だそう。SMK/Brasil66では2011年に初めて出演しましたが
いつも菊の展示やフリーマーケットなどの市と同時に開催され、お祭り気分が盛り上がります絵文字§^。^§

同じ沢山の人でも、雑踏は苦手なのにお祭りだとワクワクするのはなんで?
笑顔の数の違いなのかな??

昨日演奏したのは
One Note Samba
The Joker
Tim Dom Dom
Cinnamon And Clove
Upa Neguinho
Like A Lover
Berimbau
Mas Que Nada です絵文字

全部楽しかったのですが、特にBerimbauが楽しかった。。。
Brasil色が最高、すごい曲やなぁと思います。

バーデン・パウエルBaden Powellというリオで生まれたギター奏者が作曲しました。
作詞は、おいしい水Água de Beberやイパネマの娘The Girl From Ipanemaなどのヴィニシウス・ヂ・モライスVinicius de Moraes です。

曲名のberimbauはちなみに、こんな楽器のこと
berimbau(楽器)wikipediaより
ブラジルの格闘技カポエイラに使う民族楽器です!

ところで、すごく残念なことが...(;_;)
門真ジャズフェスで、私たちのパフォーマンスの間ずっと演奏しているそばまで来て踊ってくださってた女性が、枚方宿ジャズの当日も枚方まで来てくださったにもかかわらず、
演奏を聞き逃して残念がってらしたとのこと...
ヴォーカルのNaoちゃんが終了後だいぶ経ってから会場の駅コンコースでお会いして、いろいろ話を聞いたらしいのです絵文字どうも印刷されたプログラムの時間が1時間ずれているように見えます。コンコースだけなのかな...??

その女性はとっても素敵な色のコートと、明るい色のヘアスタイル、Brasil'66の雰囲気に合わせてとってもおしゃれに装ってくださっていたらしく絵文字
門真の時みたいに踊っていただきたかった~。
どこのどなたかもわからないのですが
また出番がある時にはいらしてください。今回はわざわざ来てくださったのにほんとうにごめんなさい絵文字

昨日は出番の後、SMK/Brasill ドラムの上田俊介出演のJazzユニットと、私が最近Jazzをご一緒しているピアノ森田宗宏さんの出演しているJazzユニットもハリーさんと聴きに行きました。重なっていて聴けなかった絵文字ライブもありましたが、聴くほうでもイベントを堪能...絵文字

この秋の門真と枚方宿ジャズで印象的だったのはお客さまもめっちゃ楽しんでいること。踊ってくださるのもステキやし、聴きにいったJazzライブでは演奏と一緒にスキャットでずっと歌っている男性も!!
SMK/Brasil66のコンコースでの演奏でもお客さまの笑顔で更に気分が盛り上がりました(*^^*)

門真、枚方のイベントを主催された皆さま、ボランティアのスタッフの方々には大変お世話になりました。年々イベントが盛り上がって、ずっと続いていきますように絵文字

今週は久しぶりにJazzのベースの先生のところにレッスンに行きます。
何か収穫を得て帰れるようがんばります。

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
これからもSMK/Brasil66 よろしくお願いいたします^-^/

一転寒々したお天気です。冷えにお気をつけください絵文字

11月、ポルトガル語でnovembro ノヴェンブロ。。。になりました!
こんにちは、SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです^^
もう今年も二ヶ月を切りました。

二か月ごとにめくるカレンダーがあるんですけど

それをめくったら、クリスマスツリーの絵で(ミッシェル・ドラクロワというパリで生まれた画家の"le grand sapin de NEW YORK"ニューヨークの大きなモミ)

変にショックでした^^;
もうクリスマス!?
「嘘やろ~」

嘘ではなくほんとにもう来月はクリスマス~
今年1年何したんだろう(このセリフ多すぎ(--〆))
いやいやいや、きっと何か今年一年で良くなったことがあるはず、頑張ったこととかも...

それで、無理やりっぽく
私良くなったかも?ってところなんですが

最近思うのが、Jazzを歌うことに関して、ようやく自分はスタート地点に立てた絵文字気がするんです。
それが多分今年。。。
あくまでも謙虚にもしそうだとして...
スタート地点っていうのは、本場の人の初心者のレベルです。
アメリカでは、まだ誰~にもほめて貰えないレベル...

でも、なんか自分の向いてる方角は間違ってないような気がちょっとしていて、つまりここから歩き始めたら、30~40年!?くらい経ったらマシなレベルになれるかも( ´艸`)
それすらも単なる思い込みかも知れませんが>^_^<
思い込みも時には必要やし...絵文字

さて次の週末は
大好きなイベント「枚方宿ジャズストリート」絵文字絵文字
枚方宿ジャズストリート♪2016☆

11/12(前夜祭) 11/13(本祭)と2日にわたって開催されます絵文字

私たちSMK/Brasil66は、11/13(日曜日)12:15~京阪枚方市駅2階 コンコース
で演奏させていただきます!
門真同様のフルメンバーでの演奏です絵文字

SMK/Brasil66が結成された2011年にバンドとして初演奏したのが枚方宿ジャズストリートでした。
その時の会場は、雨上がりで水たまりも残る枚方の三矢公園でしたが、やはり1人の女性が演奏に合わせて踊ってくれました絵文字

先日の門真ジャズフェスティバルの時も踊ってくださる女性がいて嬉しかったです。ブラジルの音楽はそう~体が自然に動きだすリズムがあるから絵文字



ぜひ京阪電車で枚方の秋と音楽、そしてSMK/Brasil66に会いにお越しください絵文字

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。
ぜひまたお立ち寄りくださいm(_ _)m絵文字