本日 307 人 - 昨日 272 人 - 累計 285933 人
サイトマップ
RSS

居場所

2019年06月24日
こんにちは!
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

自分の事になりますが
今月はとってもいい感じの間隔で、毎週1回ずつライブがあって絵文字

いくらかでも進化できなきゃ嘘でしょという感じ。。。(・。・;

声のひっかかりも解消し
やっと普通に歌えるようになりました。

先週、木曜日は梅田堂山のTommy'sさんでduoライブ
15曲と曲数が多いので、気をひきしめて臨んだつもりだったのに
集中出来てない??
1st(1ステージめ)ポカやってしまって
反省中

2nd 3rdは、5月(初めて)のTommy'sさんより良かったかな^^

piano bar Tommy's(2019-06-22 18-08)
泉さんより
vocalの山縣泉さんが撮ってくださいましたm(_ _)m

piano bar Tommy's (2019-06-22 18-07)
森田宗宏さん(pf)と

完成度を高くしたいと常に思っているけれど
Jazzでは本当に難しいです。
ポカやっていたんじゃ問題外

"Someone To Watchi Over Me"が自分的には今までの中でも良い感じだったと思う。

ガーシュウィン兄弟(George Gershwin, Ira Gershwin)の作った曲。
エラ(Ella Fitzgerald)のが自分には一番だけど
最近だと、レディー・ガガなんかも歌っていて、youtubeで観たライブがめっちゃいい。

絵文字


週末日曜日は、私が徳島から関西に来てJazzを再開した頃から
ずっと...
10年なんてものじゃなく(笑)歌っているJazzユニットの月1のリハ
何年やってる?って毎回話題になるのですが
だれも思いだせない(ホントです絵文字

いちばん高齢のメンバーが骨折されて療養中だったり
少し寂しい状態です(pf ba dr ts vo)

JAMJAMClub
美しい黒のウッドベース

メンバーのお宅で練習しています^^
古いスタイルのJazz絵文字

13時~おやつタイムを挟んで17時まで。
おやじギャグにも慣れ?(今や、無かったら寂しい)

結局

歌ってる時がいちばん。。。幸せ

SMK/Brasil66や
この、JAMJAMClubというバンドで歌ったら

たぶん、泣いていても泣き止める

そういう意味で
固定のバンドは自分の居場所として、とても落ち着くところ。

ライブとリハ以外でメンバーに会うことはまず無いのに
すごく温かい音の空間です。

今週は金曜日に川西能勢口でライブ☆
三浦昌彦さん(tp)
SMK/Brasil66のセルメン、Natashaさんと絵文字
(ライブ情報は、ページ左下より、ぜひご覧ください)

週なかばに近畿地方もついに梅雨入りしそうだとか?

大雨の予報もあるので
お気をつけください絵文字

今日もblogを読んでいただき、感謝いたしますm(_ _)m

また覗いてみてくださいね絵文字絵文字


ひっかかる

2019年06月17日
こんにちは^^
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

週明けは、割とよいお天気絵文字

15日土曜日は、不安定な空模様で
青空が見えていると思ったら
スコールのような雨が降ったり絵文字しました。

午後はスタジオでリハ

"Salt Sea"を中心に、9月の対バンライブの予定曲を合わせました。

フルートが入り、少し雰囲気が変わったSMK/Brasil66、
とてもいい感じですよ~
はるこさん(fl)センスいい絵文字

自分は

風邪気味でもないし
調子は悪くないのに
時々声がひっかかる。

タバコの煙があると、かなりの頻度で
声がひっかかる絵文字けど

煙なんてないスタジオで
何度か、声がひっかかる (゜-゜)
気持ちよく歌ってるのに(笑)ブレーキかけたみたいに、声帯の振動が止まる感じ><

数週間前の上喉頭炎の後遺症??
先月はそんなじゃなかったのになぁ。。。

そういうことに詳しいお医者さんとかいればいいのに絵文字
それで、すぐ直してくれたら。

原因は
喉かもしれないし
お腹の支え(腹式呼吸)とか、身体の使い方かもしれないし
精神的なものかも

原因をすぐにつきとめて、直してくれる専属のドクターが
一流の歌手にはいるのかなぁ絵文字


リハ後は、いつものハリーさんYouheiさんと、女性メンバーは全員で
パン屋カフェへ絵文字
たくさんお喋りして、雨が小康状態のタイミングで解散。

私はライブのため川西能勢口へ

Bar FLAP
早く着きすぎた

ぼーっと街や向かいを走る電車絵文字を眺める

その夜は
ギター&ヴォーカル
どっちもが、良い感じに聴こえるような(ボリュームの)バランスが、意外と難しい。

adoteさん(gt)が、前回のライブの時に珍しいワインの話をしてくださったのですが

実物を、持って来てくれました(キレイ...皆で鑑賞)
マスターが次のときに冷やして飲めるように保管してくれるそう。

ブルーのワイン
瓶じゃなく、中身がほんとに青いスペインのワイン
着色してなくて、アントシアニンの色が変化したものだとか(理科の実験みたい)

さて
9月の六甲Always対バンライブなのですが
予定のお相手のユニットさんにメンバーの交代があり
9月に間に合わないとのことで、
そのユニットのリーダーさんの別のJazzユニットとの対バンに変更になりました。
Jazzのユニットさんについては、また紹介させていただきます!

今週は、週のまんなか木曜日に、大阪堂山のピアノバーTommy'sさんでライブです。
ライブ情報、お店の情報など、ページ左下リンクよりご覧いただけると幸いです (*^^*)

3set(15曲) 歌うのは凄く久しぶりなので...気をひきしめて頑張ります。


今週の後半には近畿地方も梅雨入り?

湿気や暑さで体調をくずされませんように
絵文字

今日も最後までblogをお読みいただき、ありがとうございました絵文字
ぜひまた遊びに来てください^^/

こんにちは!
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

曇りがち絵文字
雨も時々絵文字

でも近畿地方はまだ梅雨入りしてないらしい。

先週末は、湿気が多く
髪の毛はくせ毛なのでボワボワのちりちり(゜-゜)))
そういう季節

早く秋こないかな

暑がりで、汗っかきだし
7月8月は涼しい所に閉じこもりたいほどです。
(毎年言ってます><)

朝からJazzを流していて

あ、
新しい曲を覚えなきゃとセルメンを聴く

"Salt Sea"


Jazzを聴くと癒されるけど
セルメンだともっと、癒される

幸せになれる。

Jazz(特にvocal曲)を聴くとき、何かを吸収したいとか参考にしたいとか、
そういう邪念?欲?を
0に出来ない。

セルメンはそうじゃなくて
ただ、いいなーって聴いている。

そして、自分が歌詞のストーリーの中にいるような気さえ
します(笑)


われらがギタリストYouheiさんが、今回新曲に選んでくれたこの曲
"Salt Sea"は
セルメンとS・ネト(Brasil'66のベーシスト)が曲を
ラニ・ホールが歌詞を手がけています。

カバーした曲の発表がとても多いセルメンですが、
オリジナルナンバーですね絵文字

9月の六甲Alwaysのライブでお披露目します絵文字

ギターのイントロがブラジルの風を運んでくる。

イメージを壊さないように歌いたい。

今日はこの曲の歌詞を...
訳しますよー^^

絵文字
こんなのでいいのかなぁ (^-^;

ソルト・シー


待って
待って、私を 
わかるでしょう
あなたはほんとに私を求めているって
あなたが戻ってきて、私とともにいるとそう分かるなら
私達は自由になれる

吹く風を見つめ
しょっぱい海を味わう
全ての波に乗り
今が、'あなたと私'にとって真実の時間だと知ることが出来る

私達は、ある1日がまるで風みたいに
歌い出すようにするでしょう
遠くに行く必要なんてないし
私達には時間があるから
求めるものを見つけられる
ただ、共に見つめれば

全ての波に乗り
今が、'あなたと私'にとって真実の時間だと知ることが出来る
あなたが戻ってきて、私とともにいるとそう分かるなら
私達は自由になれる

待っていて
待っていて
待っていて

以下英語の歌詞です。
長く感じますが、同じ歌詞が繰り返されています絵文字

Salt Sea

  composed by Sergio Mendes & Sebastião Neto
  lyrics by Lani Hall

Wait,
wait for me you'll see
that you really want me
We can be free only if I know
that you'll come back and you'll be with me

Watching the wind blow
Tasting the salt sea
We'll ride every wave we can find
now is the right time just for you and me

We'll make the day sing
like the winds
And we won't have to go far
Now that we have the time
We can find all we want
if we just look

Wait for me you'll see
that you really want me
We can be free only if I know
that you'll come back and you'll be with me

Watching the wind blow
Tasting the salt sea
We'll ride every wave we can find
now is the right time just for you and me

Wait,
wait for me you'll see
that you really want me
We can be free only if I know
that you'll come back and you'll be with me

We'll ride every wave we can find
now is the right time just for you and me
We can be free only if I know
That you'll come back and you'll be with me

Wait for me
Wait for me
Wait For Me



先週金曜日は、川西のBar FLAPさんでJazzのライブ絵文字
喉が普通に戻った...

FLAP2019-06-08 21-16)
森田宗宏さん(pf)と、柳生ユサト

次の土曜日はSMK/Brasil66のリハ絵文字

夜は川西でライブ。adoteさん(gt)とduoです☆

両方の準備がんばります^^

今日もblogにおつき合いいただき、ほんとうにありがとうございました m(_ _)m
次回のご訪問、お待ちしております絵文字

ぎりぎり。。。

2019年06月03日
6月 ポルトガル語で junho ジューニョになりました絵文字
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

先週は、金曜、土曜と2日続けてBarでJazzのライブの予定で
あの曲も、あの曲も...と
これまであまり歌ってない曲や、難しい曲も選曲していたのに

ライブも近づいた週のまんなかに喉の調子が悪くなって

...昨冬一度も風邪はひかなかったんだけどなぁ(>_<)

(上咽頭炎)

<上咽頭炎では、鼻とのどの間の痛み・違和感・乾燥感、後鼻漏(鼻の奥からのどに鼻水が下りる)、痰、咳払い、声が出しにくい、首のこり、頭痛、頭重感、倦怠感といった多彩な症状が起こる>

喉の違和感と、頭痛、首の後ろが痛い。。。

選曲は、歌いやすい音域の曲に、半分くらい入れ替え

金曜日はどうなることかという喉だったけど
三浦昌彦さん(tp)がメインの日で、私は曲数も少なく
マイアンプの音量をいつもより上げて、エフェクトもいつもより効かせて
乗り切る...
それでも自分的にはすごく危なっかしくて、
いつ踏み外してもおかしくない平均台の演技みたい(゜-゜)

土曜になっても良くなるどころか
金曜の本番でこじらせた?という感じだったけれど

piano & vocalの2ステージ
歌い始めてみると、不思議に普段の80%くらいまでの調子に戻り
無事全部歌い終えた時は本当にほっとしました(-_-;)

ぎりぎり、
やるべきことがやれた(はず)

でも帰ってからは、朝まで頭痛(泣)

健康も才能のうちなのに(泣)

日曜日午後は、
9月六甲Alwaysの対バンのお相手バンド、
ボッサ・コンパネイロさんの演奏を聴きに、心斎橋へ行きました絵文字

ブラジルのメロディーやリズムには今更ながら、とても、癒されます。。。

SMK/Brasil66の選曲の参考にもしなくてはです絵文字


さて^^
1週間前の
北近畿Jazz Street絵文字

北近畿Jazz Street(2019-06-02 23-43)

動画もUpしました。

ご視聴よろしくお願いします!!
みんなの姿は豆粒とまではいかないけど、かなり小さいんですが...
音量は大きめに聴いていただけると、実際の演奏に近くなりますm(_ _)m



暑かったり肌寒かったり
湿度が高かったり

季節の変わり目で
お腹の不調を結構耳にします。

お風邪にも気をつけてください!

今日もblogに最後までおつき合いいただき、ありがとうございました絵文字

どうぞまた覗いてください^^/