本日 321 人 - 昨日 272 人 - 累計 285947 人
サイトマップ
RSS
こんにちは!

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです絵文字

今日で9月も終わるというのに
夏みたいに暑い日が続いていて

そういえば徳島にいた頃
9月の海に出かけて
クラゲがいるからそんなに海に入りはしなかったものの絵文字
岩場や海辺で過ごしたりしたのを思い出しました。

ほんとうはお盆過ぎたら海に入らないほうがいいんですよね...

若い時って夏を惜しむ気持ちが強かった(ような。。)
もう秋だなんて、認めたくなかったのかな?

人のいない入江を独占するのは最高でした。


先週金曜日は、プロ奏者の三浦昌彦さん(tp)と
お馴染みNatashaさんと

FLAPさんで演奏
927FLAP

秋の歌を色々歌いました。
Early Autumn
'Tis Autumn
It Might As Well Be Spring

一年の限られた期間しか歌わない曲は
どうしても他の曲に比べると、こなれてない気がします。
沢山歌おう。

日曜日は三浦昌彦さんがコンサートマスターで、Natashasaさんがピアノを弾いてる
ニューハーモニージャズオーケストラのリハに行きました絵文字

昨年冬にひき続き、11月のコンサートで歌わせて頂けるんです。
嬉しい、そして責任重大!

画像

で、リハ前日の土曜日は色んなフルバンドの曲のアレンジを、youtubeで確認したりしました。
duoやコンボで歌うのと、ビッグバンドで歌うのは全然違うから
スイッチを切り替える意味もあって。

そうすると、
これ覚えたほうがいいなぁという曲がいくつか出てきて。
(フルバンドのヴォーカル曲はスタンダードの有名曲ですが、ポピュラー寄りだったり普段歌っているのと違ったラテン系統のものがあったりします)

前も書いたけれど
本当に最近夜眠たくなくて
コーヒーも結局、飲まなくしてるのに(゜-゜)

それで、眠(れ)るまでの間
覚えたばかりの歌詞を頭の中で繰り返してます絵文字
結構定着するんですよね^^;

羊数えるより、いい。

なら、眠れないのも良いか絵文字

今のところ昼間眠たくて困るとかもないし^^

覚えたい曲は一杯あるので
はかどりそう。。。?

ニューハーモニージャズオーケストラのバンマス宮野さんに
譜面があると聞いたStevie Wonderのこの曲も。
Ellaの録音を聴いて、前から歌ってみたかった♪


Ellaはよく歌っていてお気に入りのよう。
とても温かい2人の歌。

優しい歌詞に癒されます。

You Are The Sunshine Of My Life
   written by Stevie Wonder

You are the sunshine of my life  ※
That's why I'll always be around
You are the apple of my eye
Forever you'll stay in my heart

I feel like this is the beginning
Though I've loved you for a million years
And if I thought our love was ending
I'd find myself drowning in my own tears

※repeat

You must have known that I was lonely
Because you came to my rescue
And I know that this must be heaven
How could so much love be inside of you?

※repeat

(もともとStevieの、男性の歌詞ですが、
 女性の歌詞として訳しました)

あなたは私の人生の太陽の光
だからいつもそばにいるの
あなたは私のかけがえのない人
ずっと、私の心にいつづけるわ

100万年ずっと愛してるのに
これが始まりみたい
もし私たちの愛が終わってしまうって考えたら
自分の涙で溺れ死んでしまうでしょう

あなたは私が寂しいと知っていたのね
だって助けに来てくれたから
そう、こんなのって天国に違いない...
どれだけ沢山の愛があなたの中にあるのかしら?


セルメン風アレンジでも、この曲出来ないかなー?
SMK/Brasil66のオリジナル・アレンジの曲がひとつ出来たらいいなと
実は思っています^^

今日もblogを最後まで読んでいただき、ありがとうございました絵文字

ぜひ、また遊びに来てくださいm(_ _)m


多すぎる

2019年09月23日
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

台風絵文字からは距離がありましたが、関西も日曜夜は、不穏な風雨の音がしました。

先週土曜日はスタジオリハ絵文字

SMK/Brasil66の初代ドラマーの浅田タカオさんと、
ブラジルのギターを追求されているアーパさんの2人を迎え

結成当時のナンバー
The Joker
Going Out Of My Head
Constant Rain
Batucada
Tim Dom Dom
etc.
それに

新しい曲で
The Dock Of The Bay
Watch What Happens

を合わせました絵文字

枚方宿ジャズストリートに出られたらいいなー
新しい2曲も出来れば仕上げたいです。

リハ後はとても珍しく全員参加のパン屋カフェミーティング絵文字
はるこさんと浅田さんは、ホントは焼き鳥絵文字がいいとか言っていた(笑)

さて
このスタジオリハの前夜金曜夜から、日曜の午後まで

金夜ライブ 土昼リハ 土夜ライブ 日昼リハ
と、続いていました。

920tommys 2 (2019-09-23 13-35)
920tommys 6 (2019-09-23 13-41)
at Piano Bar Tommy's
(来月東淀川区に移転されます。
ライブさせて頂き、ありがとうございました)

921flap 14 (2019-09-23 13-53)
at Bar FLAP


なのですが
金曜日のライブの時...

しょっぱなに

何故か急に声が「出なくなる」ハプニング(事態!)があって
聴いてる方にとってはマイクの故障か。。。無声映画みたいになってしまって

今までに一度も無かったことで、理由も全く分からない。

マイクが壊れた場合なら、生声が出ていますが
声そのものが本当に出なくて、かすりもしない。
復旧?も数秒では出来なかった。

車でいうならニュートラル状態?
どうなってしまったのかわからなくて

体調も悪くは無かったから
余計に、何で...と
凹みました。

その日のその後も、続く翌日のリハやライブも問題は無かったのですが
「又なったらどうしよう」という不安が数日つきまといました。

それで

何が多すぎる、のかというと

自分の事なのに、分かってないことが...
多すぎる...(゜-゜)

その中でもいちばん把握して、維持したり、調整したりしなきゃいけないのは
体調...
喉のコンディション。

なのに絵文字

前よりは分析したり、気づいたり出来ていると思っていたけど
全然_(._.)_

<<たまたま、いいパフォーマンス出来ました!ではなく
毎回、全ての曲で安定した発声で、いいパフォーマンスがしたい。せめて平均点以上の>>

それは
簡単ではない、理想なのだろうけど

自分のことをしっかり分かってないと、更に、絶対に無理。。。

そのハプニング以外は
調子も悪く無く、ライブは楽しかっただけに、悔しいけどでも、

もし今度なったら、病院行こう(笑)みたいな感じで
気にし過ぎないようにはしたいです。

その上で、
やはり日々もっと自分の状態を把握できるように
心身ともにいい状態でいられるような努力を
真剣に、したい。


Bar FLAPさんのライブのあと
いつも、ほんっとに美味しいマスターのジントニック頂くのですが
先週の土曜日は「(私の好きなジン)タンカレーが切れちゃって,,,」と、マスター。

ラッキーな事に
飲んだことない上級タンカレーNo.10で作ってくれた
スペシャルジントニックを頂いてしまった。

FLAPno10

すっきり爽やかに研ぎ澄まされた大人なタンカレー...
また飲みたい^^(瓶画像、上が切れてて撮影が下手過ぎなのですが
とても綺麗)

引き続き
音や英語を大切に、ていねいに歌っていきたい。

今日もblogにおつき合いいただき、感謝です!!

また遊びにいらしてくださいね絵文字

寝冷え気をつけてください。

こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

連休ですね~
9月は休日が多いです。

私はこの連休の予定はもちろん、

土曜日の、神戸Alwaysさんでのライブ♪
Making Jazz Clubさんとご一緒しました。

お越しいただきありがとうございました絵文字
友人が来てくれて、撮影もしてくれた(*^^*)

always(2019-09-14 20-45)
画像
always1 (2019-09-15 19-09)
always2 (2019-09-15 19-12)
ドラムのかずさんとは、この日が最後のライブ
ステキなドラムでした☆

鼻炎が治らないのですが、ライブ中だけは快調で^^;
気持ちよく歌えました。

90点以上くらいは歌えたと思うけど(甘っ)
反省点もあります。

さぁ
今週末土曜日のスタジオリハは、
結成メンバーの浅田タカオさん(dr)が帰って来たり☆

怪我でお休みのYouheiさんの代わりをしてくれることになった、アーパさん(gt)と
SMK/Brasil66は、初セッション!(以前にduoではセッションご一緒しています)

前回までと又違ったサウンドが、とても楽しみです絵文字

予定されている新曲の
"The Dock Of The Bay"も、ほぼ覚えたので

今週は。。。

Jazzに専念します。

金曜土曜のライブの曲も
それ以外の覚えたい曲にも取り組む<(`^´)>
ライブ詳細はページ左下よりご覧くださいm(_ _)m

そういえば、前々回のblogで
Septemberのついたスタンダードナンバーを紹介しましたが

"September In The Rain"は実は、春の歌で

逆に
"It Might As Well Be Spring"のように、「春の如く」、という秋の歌もあります。

どちらも、季節と気持ちが裏腹ということ。


"September Song"

これはそのまんま、秋の歌
今秋はこの曲を覚えて歌いたいです。



歌詞は切なく、温かい。


ここしばらく
Jazzは、行き詰ってると感じていて
それなりのことは出来るんだけど
それ以上になれない。

気持ち的にも元気が無いし

沢山ライブが控えているのに


そんな時は

ひたすら、歌詞と音を、ていねいに歌おうと思います。
いつも以上に!頑張りますので
ぜひ聴きに来てください。

SMK/Brasil66、11/9(土)の枚方宿ジャズストリートに申し込みしています!
出られるといいなぁ。

また結果お伝えします。

今日もblogを最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

行楽シーズン
ステキなEarly Autumnをお過ごしください絵文字

次回のご訪問お待ちしております^^/

セルメンだけ

2019年09月09日
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

台風大丈夫だったでしょうか。

akikobossaさんゆかりちゃん平気やったかな...

関西は
秋になったと思ったのに...
秋の虫は大合唱しているのに

真夏くらい暑くて

夜もエアコン消せない...

そのせいで、土曜は朝からくしゃみ、鼻水。。。
川西能勢口でライブだったのですが
お店に向かいながら(歩きながら!)鼻をかまなきゃいけないレベル><

歌ってる時以外は鼻が詰まってるという。。。
でも歌は普通に歌えました(アドレナリンのおかげ?)

adoteさん at FLAP
adoteさん(gt)と

2セットの合間に鼻をかみながら「アドレナリン...」とぶつぶつ言ってると
お客さんが聞いていて「アドレナリン?」笑われました(゜-゜)

前にblogに書いたことがありますが^^

アドレナリン
動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当する反応 fight or flight 戦うか飛び立つか、のホルモン
(wikipedia)
※鼻粘膜の充血を和らげ、気管・ 気管支を広げる成分(アドレナリン作動成分)は、内服ではかぜ薬、鎮咳去痰薬にも配合され、 気管支を広げてせきを鎮める目的でも使われています。

(テレビのアナウンサーなんかが、生放送のニュースで
まず咳やくしゃみをしないのも、アドレナリンのせいだと思っている^^)

さて、鼻水の話はもういいですね絵文字
スミマセン。。。


9/14(土)は神戸Alwaysでライブ絵文字

神戸Always914

主催のJazzユニットMaking Jazz ClubさんとSMK/Brasil66の2バンドが出演します!!

今週はセルメンに集中して、ライブの準備と
次の週末のリハの準備します~絵文字

Jazzとセルメン、両方の曲の準備を並行してしなければいけないことも多いですが

どちらかだけ、に集中出来るほうが、本当は嬉しいです。
器用じゃないので...

何をするにしても
集中出来る環境は、とても贅沢で、幸せです。

9/14(土)13:00~
絶対に楽しんでいただけるようがんばります。

阪急六甲からすぐの神戸Alwaysでお待ちしております絵文字

で、翌週のリハ用に
新しい曲も覚えなきゃいけない。

"Watch What Happens"
"The Dock Of The Bay"

Watch What...はJazzのスタンダードでもあるので
ほぼ大丈夫なのですが

"The Dock Of The Bay"
この感じはこれまでに無いので
難しそう...

もと曲を歌っている
シンガーソングライターのOtis Reddingは、1967年12月、この曲の録音を完成させた3日後、飛行機事故で亡くなっている。26歳で。

<湾の波止場でただ座って、潮や船の行き来を眺める>

彼の死を思い、余計に悲しくなってしまう歌詞。また紹介します。

Otis Redding "The Dock Of The Bay"


Sergio Mendes & Brasil'66 "The Dock Of The Bay"


歌っているのはLani Hallでなく
"What The World Needs Now"を歌っている
Karen Philipp

このカッコいいハードな感じが出せるかな
前からやりたかった曲なので、がんばろう。

今日もblogをお読みいただき、感謝いたします!

また覗いてくださいね~

熱中症気をつけてください☆

こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。
残暑が厳しいですが、お元気ですか^^

ポルトガル語でsetembro セタンブロ、

英語ではSeptember,9月ですね~

英語の月の名前の中では一番好きかもです絵文字

"September in in the rain"
"September Song"
などが、Jazzのスタンダードにもありますが

曲のイメージのように、しっとりして秋めいた感じが
特に日本の9月は全然...しません(ーー゛)
蚊もいるし暑い~


夏バテはそんなにしてないけれど

相変わらず2時過ぎても眠れない不健全生活
目がぱっちり(笑) 覚めてしまう...

先週は深夜徘徊までしました。
というより早朝徘徊?

淀川の橋の上小雨
ライブ画像でなくすみません絵文字

今日は、14日のライブでも予定されているナンバー
"Wichita Lineman"
を訳してみます。

1968年に、Glen Campbellの歌ったのがオリジナルの、カントリーソング

セルメン版は、1969年のアルバム、Ye-Me-Leに収録されています。

オリジナルのGlen Campbellの歌詞は、最初が、I am で、架線工事人本人が歌っている感じなのですが
セルメンでは歌の最初は、He isとなっていて、女性目線で

2番から架線工事人の歌う歌、になっているような気がします。

※訳には間違いがある場合があります(英語得意じゃないので。。。)_(._.)_


Wuchita Lineman

  written by Jimmy Webb(music and lyrics)

He is a lineman for the county
And he drives the main road
Searchin' in the sun
for another overload

彼はその州の架線工事人
メインロードに車を走らせる
探しながら...日差しの中
他の電話回線の過負荷を

I hear you singin' in the wires
I can hear you through the whine
And the wichita lineman
is still on the line

あなたが電話線の中で歌ってるのが、聞こえる
ヒューヒューという雑音越しに、私にはあなたの声が聞こえる
そのウィチタの架線工事人は
まだ電話線の上にいる

///////////////////

I know I need a small vacation
But it don't look like rain
And if it snows that stretch down south
won't never stand the strain

ちょっとした休暇が必要だろうとわかってるよ
でも雨模様でもないし
もし雪になったら、南部諸州の伸びた線は
雪圧を持ちこたえない

And I need you more than want you
And I want you for all time
And the wichita lineman
is still on the line

君が必要なんだ、求めている以上に
いつだって、君にいて欲しい
ウィチタの架線工事人は
やっぱり、電話線の上にいる

And I need you more than want you
And I want you for all time
And the wichita lineman
is still on the line
Still on the line ...

君が必要なんだ、求めている以上に
いつだって、君にいて欲しい
ウィチタの架線工事人は
やっぱり、電話線の上にいる
まだ、電話線の上に...

Sergio Mendes & Brasil'66 "Wichita Lineman"


電線の上に行ったことはないけれど
まるで電線の上にいるみたいな風を感じる、大好きな曲

さぁ

六甲のライブまで2週間を切りました。

よいコンディションで、悔いのないライブにしたいです。

阪急六甲駅すぐの、神戸Alwaysにて
神戸Always

14日(土) 13時~

SMK/Brasil66と、Making Jazz ClubというJazzユニットの
2バンドが出演します!

神戸Always914

演奏時間は各バンド1時間あり
セルメンナンバー13曲
たっぷり聴いていただけます^^

楽しい土曜の午後にしたい。
ぜひお立ち寄りください絵文字

今日もSMK/Brasil66のblogを最後までお読みいただき
ありがとうございましたm(_ _)m

夏の疲れが出る時期
どうぞ、お元気でお過ごしください^^/

またのお越しをお待ちしております絵文字