本日 307 人 - 昨日 272 人 - 累計 285933 人
サイトマップ
RSS
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです絵文字

関西は雨の月曜日でした絵文字

風が強く絵文字
寒いけれど
冬みたいではない...

Natashaさんも、先週、Jazzのライブで会った時
「何だか空気が春みたい」と話してた。

鼻がむずむずするとか、鼻水だとか
花粉の影響も早いよう(゜-゜)

先週金曜日
124flap
三浦昌彦さん(tp) Natashaさん(pf)と
ご一緒しました

以前聴いてステキだったbossaアレンジの"七つの子"を三浦さんにリクエストして
吹いていただきました。
カラスなぜ鳴くの...が洗練されて絵文字なんか違うカラス?に。。。

三浦さんは映画や本のこともよくご存知で

ライブの休憩時に
安部公房の小説「他人の顔」と、
勅使河原宏が監督してそれが映画になった時にテーマ曲だった、武満徹作曲の「ワルツ」について
話してくださった。

本も作家も、監督も、作曲家も、知らないことばかりで
ライブ終わって帰宅して、youtubeにUpされていた「他人の顔」(1966)を観ました。
舞台を映像にしたみたいで、引き込まれます。

自分は何に関しても好き嫌いがあり過ぎて、偏っている。
邦画にはあまり興味がなく
テレビもほぼ観ないし
たぶん、ふつうの人と話が合わない!?(もしかしたら話出来ない><)

映画はとてもよかった。
違う世界に興味を感じさせてくれた三浦さんに、感謝絵文字

さて、今週金曜日は逆瀬川GKさんでライブ~
19:30~TC500円、MCチップ制

1312020GK.

Music Bar GK(逆瀬川)

この日に初披露する"The Dock Of The Bay"を訳してみます。

作詞作曲し歌ったOtis Reddingは、1967年12月、
この曲の録音を完成させた3日後に、飛行機事故で26歳で亡くなりました。

この歌詞の心情は彼の心と重なるのだろうか。

 
入江の船着き場で

朝日の中座り
夕暮れが近づいても座ってる
船が次々と、湾に入るのを見つめ
また出ていくのを見る

入江の船着き場に座り
潮が引くのを見つめてる
入江の船着き場で
時が過ぎていく

ジョージアの家を出て
シスコの湾を目指した
生きる目的はない
それに何も起こらないみたいだ

だからただ、入江の船着き場に座ってる
潮が引くのを眺め
入江の船着き場に座り
時が過ぎる

何も変わらないみたい
全てそのまま同じようなんだ
10人の人が私にやれという事が出来ない
だから、やはり私はそのまま同じ

ここに座ってる、骨を休め
この寂しさは私を見放してはくれない
2000マイル流離って来て
そして今はこの船着き場が家だ

入江の船着き場に座る
潮が引くのを見つめてる
入江の船着き場に座って
時が過ぎていく

(Sittin' On)The Dock Of The Bay
 
         music and lyrics by Otis Redding & Stephen Lee Cropper  

Sittin' in the morning sun
I'll be sittin' when the evening comes
Watching the ships roll in
Then I watch 'em roll away again

Sittin' on the dock of the bay
Watchin' the tide roll away
Sittin' on the dock of the bay
Wastin' time

I left my home in Georgia
Headed for the Frisco Bay
That I have nothing to live for
Looks like nothing's gonna come my way

So, I'm just sittin' on the dock of the bay
Watchin' the tide roll away
Sittin' on the dock of the bay
Wastin' time

Look like nothing's gonna change
Everything still remains the same
I can't do what ten people tell me to do
So I guess I'll remain the same

Sittin' here resting my bones
And this loneliness won't leave me alone
Two thousand miles I roamed
Just to make this dock my home

Sittin' on the dock of a bay
Watchin' the tide roll away
Sittin' on the dock of the bay
Wastin' time
the dock of the bay


カモメの声が、聞こえてくるよう。

でも、訳が変だったらごめんなさい。
あまり上手く出来ない...

セルメンのはKaren Philippがリードヴォーカル

こんな風にかっこよく出来るかな


さて
とても新着な!、
楽しくないお知らせ ( ..)φ

(月曜の)夕方に発表があったのですが
高槻ジャズの1回目の抽選に外れました。

バンドのメンバーもがっかりしていると思うけれど
自分がいちばんがっかりしています。

くじ運が悪い...( ..)φ

とりあえず、2回目もたぶん応募します!


今週はGKさんの本番が最優先絵文字
テンションを下げている場合ではありません^^

楽しいライブにします絵文字

沢山の方に聴きに来ていただけますように。


今日もSMK/Brasil66のblogにおつき合いいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m

台風みたいな暴風
関東は雪?

どうぞ気をつけてください。

また覗いてみてくださいね絵文字


初リハっ☆

2020年01月20日
こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

新年になって
去年ぶりに会ったり
久しぶりにLINEやメールで連絡を取ったら

実は年末にインフルで、とか
寝込んでいてとか
高熱が出て...とか
そういう方がびっくりするくらい絵文字

共演者さんにも多かったです。

大変だったと思うけれど、インフルかかったら、今冬はもうかからないかなとか
ちょっと安心かと思う。(違う型にかかることもあるみたいだけど)

私はこれから!?
本番あるのに、インフルはもちろん、風邪はアカン(@_@)

先週末土曜日は、SMK/Brasil66今年最初のスタジオリハでした。

31日の逆瀬川GKさんライブのリハ(最初で最終です)

予定曲は15曲絵文字

1st
1Só Danço Samba
2Like A Lover
3Watch What Happens
4The Dock Of The Bay
5Wave
6Night And Day
7Batucada

2nd
1One Note Samba
2The Look Of Love
3The Frog
4Going Out Of My Head
5The Joker
6Pretty World
7Day Tripper
8Mas Que Nada

1312020GK.

もう来週絵文字とても楽しみです絵文字

Karen Philippの歌った"The Dock Of The Bay"

Janis Hansenの歌った"The Look Of Love"

その他のLani Hallがリードヴォーカルの曲を

キャラを変えて歌う予定(笑) 出来るわけないか。。。( ..)φ

バンドの演奏が本当にカッコいいので
絶対楽しんでいただけます。

Music Bar GK(逆瀬川)

GKさんは、知る人ぞ知る、隠れ家的お店
スタイリッシュな店内
音響も良く、安心して演奏出来る絵文字



話が戻って

リハ後はハリーさんと女性メンバーでミーティング絵文字
いつものパン屋カフェの2階で。

店内から外を見ると、ベランダに
コメとムギ(たぶん)という名の大きな鶏たちがいる
白い雌鶏がコメかなー

癒されます絵文字

コメムギ1コメムギ2
懸命に食べてて、お尻ショット


最後に自分のことも

先週木曜日
淡路に移転したTommy'sさんで、初めてライブさせて頂きました。
旅好きの方が集まるお店絵文字
エキゾチックな店内のカウンターで、自由に旅するママのお話を聞いていたら
面白くてライブ忘れそう!?

117tommys1 (2020-01-20 18-33)117tommys5 (2020-01-20 18-39)
下城三佳さん(pf)と

歌えることが幸せです。

今日も、blogに最後までおつき合いいただき、ありがとうございます絵文字

そろそろ寒くなりそう!?
どうぞご自愛ください。

また遊びにいらしてくださいね~

こんにちは!

逆瀬川GKさんで2度目のライブ絵文字
フライヤーが出来ました^^
1312020GK.

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

年末年始を過ぎ
普段のリズムに戻るのがちょっと大変。。。

いかがお過ごしですか絵文字

私の今年初ライブは、川西能勢口のBar FLAPさんで
ギターのadoteさんと

110FLAP1
110FLAP2
ライブ後のジントニックが美味しすぎ(いつもだけど)


さて、今日は
31日のライブの、セットリストから

Brasil'66の1968年のアルバムLook Aroundに収録されている"The Look Of Love"を
訳してみます。

1967の映画Casino Royale(カジノロワイヤル)の音楽を
Burt Bacharach(バート・バカラック)が担当しましたが、

その中の1曲で、
Dusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド)が、歌いました。


映画の挿入歌。アカデミー賞にもノミネートされました。

セルメンのBrasil'66では
Janis Hansen(ジャニス・ハンセン)が歌っています。
(Lani Hallがリードヴォーカルを務めていない、数少ない曲のひとつ)

Janis Hansenの歌は、スイートで(甘く)チャーミング!
声質は細めでLani Hallと全然違う。

この雰囲気を出すのはとても難しいです。

最初の頃、ハリーさんに色っぽく歌うように、と言われた記憶が。。。( ..)φ


Janis Hansenは2017年に74歳でこの世を去っています。



シンプルな歌詞ですが
the lookをどう日本語にするかが難しい(日本語に出来ない)

邦題の「恋の面影」が広く知られていて

the look=過去のニュアンスのある「面影」でいいのか
少し迷いましたが

あえて変えずにそのまま「面影」と、訳してみました。



ザ ルック オブ ラブ 恋の面影


あなたの瞳に 恋の面影
その影を、時も隠すことができない
それは言葉よりもずっと、多くを語って
心は聴きとり、私の息をとめてしまう


あなたを抱きしめるのを待てない
あなたに回した腕を感じるのを
どれだけ待ったことか
あなたを愛することを
やっと今あなたを見つけた


あなたの顔の恋の面影
時も消し去ることが出来ない
私のものになって 今夜
この夜を、とても沢山のそんな夜の始まりに
恋人の誓いを立てて、誓いをキスで封じ込めましょう


あなたを抱きしめるのを待てない
あなたに回した腕を感じるのを
どれだけ待ったことか
あなたを愛することを
やっと今あなたを見つけた

行かないで



The Look Of Love
 
         composed by Burt Bacharach  
         lyrics by Hal David


The look of love is in your eyes
A look that time can't disguise
The look of love is saying so much more than just words could ever say
And what my heart has heard, well it takes my breath away

I can hardly wait to hold you
Feel my arms around you
How long I have waited
Waited just to love you
Now that I have found you

got the
Look of love, it's on your face
A look that time can't erase
Be mine tonight, let this be just the start of so many nights like this
Let's take a lover's vow and then seal it with a kiss

I can hardly wait to hold you
Feel my arms around you
How long I have waited
Waited just to love you
Now that I have found you
Don't ever go
Don't ever go
Don't ever go


Brasil'66のアルバムの録音に参加しているシンガーは

Lani Hall
Janis Hansen
Karen Philipp
Gracinha Leporace

4人
それぞれ違った魅力があります絵文字



今週末には今年最初のリハ!
とても楽しみです。

GKさんのライブがいいものになるように頑張りたい。

Jazzのライブ情報もぜひページ左下リンクよりご覧ください。

今日もSMK/Brasil66のblogをお読みいただき、ほんとうにありがとうございました。
ぜひライブに会いに来てください。

次回のご訪問お待ちしています絵文字

包まれたい

2020年01月06日
こんにちは!四国徳島から、今日月曜に戻りました。
SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

お仕事始めかもですね絵文字

関西も穏やかな年明けでしたが
徳島も例年より気温が高く、お天気も悪くなかったです絵文字

まる2日の滞在で
行き帰りは大阪⇔徳島の、3時間のバスの旅。。。

ツバメのマークが好きなこのバスで
142019162019


2人の友人に会い(ヴォーカルとトランペットの)
共通の知り合いのミュージシャンや、徳島の2月のジャズストリートに向けての様子や
ライブハウスについて聞いたり絵文字

ファゴットを吹く弟と
映画音楽特集?セッションしたり §^。^§
私はピアノで伴奏。楽しかった絵文字

152019
ファゴット

徳島に行く前は
録画していた映画を観たり、ライブで歌いたい曲を覚えながら、自分のkeyの楽譜を作ったり
Brasil'66 それに'77を聴いたり絵文字して過ごしたし

音楽からかけ離れたお正月休みではなかったけれど

そして、郷里で家族や友人と過ごして
とてもリフレッシュした絵文字けれど


だんだん落ち着かなくなって来る。

不安定


Brasil'66のサウンドや

Jazzの響きとリズムに包まれて歌いたい。

待ちきれません。


今週金曜日のJazzのライブから!
丁寧にいい歌を歌えるように頑張ります。

SMK/Brasil66の31日のライブでは

"Pretty Wprld"と同じアルバム、1969年のCRYSTAL ILLUSIONSに収録されている
"The Dock Of The Bay"をお披露目する予定です絵文字



はるこさんが男前なサックスを吹いてくれます絵文字
クールに仕上げたい。

今日もSMK/Brasil66のblogを最後までお読みいただき、ありがとうございます!

喉の乾燥にお気をつけください絵文字

ぜひまた遊びにいらしてくださいね^^/

晴れて寒くない

2020年01月01日
Feliz Ano-Novo! フェリース アーノ ノーヴォ絵文字

ポルトガル語で「幸せな(Feliz)新年!」というあいさつです。

00000308
明けましておめでとうございます絵文字

毎年、新しい年を迎えると
ブラジルの暖かいお正月はどんなだろう?

ブラジルに行ってみたいという気持ちが強くなります。

ブラジルでは大晦日から日が変わる瞬間が、クライマックス

花火が上がり

以前にも紹介していますが
平和を象徴する白い服を着て
7回波を飛び越えると
願い事がかなうそう。

その瞬間見てみたいなー

真夜中の波も飛び越えてみたい絵文字
願い事が叶うなら。

今年は、も?
お正月4日に徳島に行くまで
一人で過ごしているのですが

こもっていたけど
年賀状のお返事を出しに、外を
ポストまで少しだけ歩いた。

マスク、だてメガネ(UVカットの)

髪もぼさぼさだし
誰も私に近づかないでオーラ?を出しつつ歩く(゜-゜)
イアホン装着(往復10分以内だけど、セルメン聴いてる)

晴れて
空気は冷たいけれど
風は無く、寒くない

静か。

昨日今日は、合間に雑用をしつつ
観てみたかった映画を3本観た。

ジム・キャリーの "Mask"

イギリス映画 "Love Actually"

ライアン・ゴズリングがジャズピアニストを演じる "La La Land"(ミュージカル)
どうしっかり見ても、演奏部分が吹き替えじゃないみたいなのだけど絵文字
調べたら、全部ライアン・ゴズリングが弾いているそう。凄すぎる...

難しくない映画ばかり

2日3日は、
楽譜を書いたり
今月のライブの選曲をしたり
ピアノに向かいます。

今日は
「Yuriちゃんが'77の曲はダメ、'66だけです、とさせてくれない」
と、最近ハリーさんのMCのネタになってしまっている、

Brasil'77のライブ動画をリンクします


もちろん、楽しく、魅力的。ブラジルらしい絵文字
踊りたくなります絵文字
'77が嫌いとかではありません。

でも、この雰囲気はヴォーカル私1人では無理だろうなぁ...
男性ヴォーカルも厚みがあります。

今月は31日にMusic Bar GKさん(逆瀬川)でライブがあります絵文字
音の環境が良いお店、とても楽しみです。


お正月に私たちのblogにおつき合いいただき
とても嬉しいです絵文字
ありがとうございます!!

よい1年になりますように絵文字

SMK/Brasil66を今年もよろしくお願いいたします m(_ _)m