本日 315 人 - 昨日 272 人 - 累計 285941 人
サイトマップ
RSS
こんにちは。SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

朝晩は気温が下がります。
お元気ですか?

まだ金木犀も香る

大好きな美しい季節です絵文字


先週は、念願が叶い、火曜日の夜
ウッドベースとヴォーカルのduoで、Jazzのライブをしました。
人生で2度目。

なかなかこれにつきあってくださる力量のあるベースさんはいません。

1020FLAP 2 (2020-10-26 13-28)1020FLAP 1 (2020-10-26 13-27)
坂井あつひろさん(wb)と


土曜日の私たちSMK/Brasil66のリハは
参加メンバーが少なく、4人でしたが

リハメニューが難曲ばかりで
換気時間を設けつつ、大まじめに(当たり前?)
取り組みました。
2月のライブまでに仕上がるのかなぁ...

そのあとの(自分の)ライブまで時間があったので
パン屋さんのカフェスペースがクローズする時間ぎりぎりまで、メンバーを引き留め、
ミーティング(というかお喋り?)

いつも忙しいNatashaさんも、夜のライブのため次の場所へと向かっていました絵文字


1024FLAP 11 (2020-10-25 21-20)1024FLAP 7 (2020-10-25 21-14)
その日のライブは東孝二さん(pf)と


こうやって日々
ライブしている、その瞬間に

これがもう最後のライブになるなんて
普通は思わない。

だけど

先週金曜日の夜に
いちどだけライブでご一緒したウッドベースの方の訃報を
メールで受け取った。

知り合ったのは何年も前なのに
活動エリアが異なるため、あまり共演の機会のないまま。
その割には、メッセージをやり取りさせて頂いたので
ずっと知っていて、もう何度もお会いしているような気さえしていた。

エリアが異なるといっても
同じ関西なのだから

いつか、そのうちに、また一緒にライブ出来る
そう思っていた。

私みたいな社交的じゃないヴォーカルも気にかけてくださって
「ライブ頑張ってください」

「今年は京都でライブしましょう。メンバーを探しますよ」
と、メッセージを頂いていた。

その機会も、今年ミュージシャンの活動が制限される中、無くなった。


初めてお会いしてご一緒した、高槻ジャズストリートでの
本当に本当に優しい笑顔を思い出し
それが最初で最後のライブになってしまったんだと知った。

とても悲しいのと同時に
お会い出来て、ライブ出来たことを、今は感謝しています。
その、一度があってよかった。

最近

誰かに出会える事が、出会えたことが

間違いなく奇跡だと思う。


今日もblogにおつき合いいただき、こころより感謝いたします。

更に秋が深まるようです。
どうぞ朝晩の冷え込みにご注意ください。

次回のご訪問をお待ちしております絵文字


げんきが無...

2020年10月19日
こんにちは絵文字SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

雨だったり、肌寒い日が多くなりました。
お風邪をひかれていませんか?

少し前まで半袖だったのに

上着はもちろん
セーターを着てもよさそうな絵文字気温

暑いのは苦手で秋が大好きなのに
秋を満喫する間もなく冬が来てしまうのかな..


急な寒さは、寒いのだか寂しいのだかよく分からないし (゜-゜)

先週ライブが無かったせいなんだか?
と。。。っても元気が無い。

音楽に気持ちが入らないし
映画すら観る気にならなくて
朝は起きられへんし絵文字(いつもだけど)
鼻炎やし...(いつもだけど)

自分の全てを嫌になりそうな勢い

><

こんな時は,まだ記憶に新しい先日のライブの画像を見て
楽しい気分に。。
演奏中以外の風景も絵文字

102SMKatGK 5 (2020-10-19 15-17)

ハリーさんMC中絵文字
「皆さんボンボンベッドって知っていますか?」(初めて聞いた)
「ボサノバの聴き方は、服装は短いパンツでボンボンベッドに寝転がって、
 観葉植物のある部屋で、ソーダフロートなどの涼しげな飲み物を飲みながら聴くのが
 最高で、サウンドが全身に沁み渡る」というお喋りに皆爆笑..
 
 ※ボサノバが流行りだした当時の記事から引用したそうです。

ちなみに、ボンボンベッドを調べると、ビーチやプールサイドにある
ビーチチェアみたいなのでした。
当時は部屋にそれを置いている人がいたのでしょうか。

102SMKatGK 11 (2020-10-19 16-20)
オサムさんが立ち上がって演奏しているのはブラジルの打楽器、クイーカー(Cuica)
楽器に張った皮に垂直に付いた細い棒を、湿らせた布や紙ででこすって音を出します。
(まさに、クイークイーカーカーみたいな、ゴキゲンな音がします)

102SMKatGK 9 (2020-10-19 15-21)
Youheiさんはパンデイロ(Pandeiro,ブラジルのタンバリン)もとても上手い。

Natasha(pf) Harry(ba) 池田登志男(dr)
竹原陽平(gt) サファイアはるこ(fl) 大西オサム(perc)


さて

正直今の自分は、Jazzを聴く気にならないほどで、重症_(._.)_
(Jazzは、ぼーっとは聴けなくて、懸命に聴くのにパワーが要るから)

でも
セルメンは聴けて

中でも今週末のスタジオリハで予定されているこの曲は
すごく、今の自分が吸収出来る何かを持ってる。
(病気の時にこれなら食べられる、みたいな感じ)




絵文字

次のライブ^^(決まりました)

2021年
2/5(金) at GKです絵文字

"Empty Faces" や
まだ披露したことのない"Norwegian Wood" "For Me"など
魅力的なナンバーを沢山予定しています。



今週は
明日火曜日、これまでの人生で2回目のwb & voのJazzライブ☆
(wb...ウッドベース)

土曜日はSMK/Brasil66のリハ♪


今日、ピアノの生徒に会い
これを書いていると
元気に

たぶん

なってきた。

読んでくださる皆さまに助けていただいている m(_ _)m

ほんとうに感謝です絵文字

いいライブをしたい。


夜、沢山お布団をかぶって
温かくしてくださいね。

ぜひまた遊びにいらしてください絵文字

こんにちは!

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

お元気ですか絵文字

台風絵文字が過ぎ去って、なんだか...関西は
蒸し暑い?

先週のJazzのライブは、丁度その台風14号が、
関西に近づくタイミング (゜-゜)

風が凄かったのですが
日本からは逸れていくようだったので川西能勢口のFLAPさんへ向かいました絵文字

109FLAP 9 (2020-10-11 14-17)109FLAP 3 (2020-10-11 14-03)
adoteさん(gt)と
(右側暗闇なのですが、お帽子のシルエットがそうです)
会社帰り風vocal (・・;)

さて最近
とても意外なことを言っていただく。

先月のリハの日のハリーさん
「ユリちゃん、ジムとか行ってるの?」
「?」

先週のライブの合間のadoteさん
「何かスポーツしてるんですか?」
「? (^^ゞしてないです」

おふたりの
突然のこんな言葉???

健康で元気そうに見えるなら、普通に、嬉しい。

自粛期間から
歩くために歩く、ことが結構増えたので
そのせい絵文字(筋肉ついた?絵文字


歩くのは、運動でもあるし

夕暮れ、独りきりで30分間

頭を空っぽに出来るのが、気に入っています。


今日は

最近、youtubeのpopsの自動再生で見つけた
レトロな感じのするこんな曲を

セルメンともJazzとも関係ないですが

紹介してみます。



たまたま流れて
曲の感じが気に入って、繰り返し聴いていたのですが
見ると動画に、歌詞が散りばめられている。

歌詞以外のメッセージも、
散りばめられている。

その内容は
とても重いものでした。

"Black Lives Matter" 黒人の命はかけがえのないもの
(BLM)

この言葉は、2012年夜,買い物に出かけただけの黒人の高校生が
白人の自警団の男性に射殺された事件を知ったひとりの女性が
SNSに投稿した言葉で

その後この言葉と抗議運動は、世界中に広がっています。

それでも同じような事件が
今年に至るまで後をたちません。

最初の部分を訳してみました ※上手じゃないですが

The Good Life   
        Devon Gilfillian

I remember yesterday,
Trouble was so far away
Making castles in the sand
Everyone a different shade, but everybody was the same
When the lion kissed the lamb

So it seems, in my dreams
May it be

I'm talkin' 'bout that good life
I can see
All the colors show us what it really means
To be beautiful

昨日のこと忘れない
トラブルは遠く去り
砂場でお城を作る
異なった姿の皆、でも皆、同じだった
ライオンが子羊にキスしたときに...

そう、それはたぶん...
ぼくの夢かもね

話してるのはそんな、ステキな人生のことなんだ
目に浮かぶよ
全ての(人種の)色が真実をぼくたちに見せてくれる
すばらしくなるために


。。。。。。

セルメンの曲やJazzの中にも
人種差別や貧困の問題が背景にある、美しく悲しい
また、力強い曲があり

音楽の自由さとパワーを感じます。


今日も、blogをお読みいただき、感謝いたしますm(_ _)m

秋の花粉にもご注意ください。

次回のご訪問お待ちしております絵文字

楽しい時を

2020年10月06日
こんにちは絵文字
ポルトガル語で outubroオゥトゥーブロ、10月になりました。

もうすっかり、そこらじゅう?
私の大好きな、秋の空気...

夜、眼を閉じても眠れない (=_=) 時に

防音の二重窓なのに

すぐそこで鳴いているかのように、綺麗な虫の声が聞こえてくる。

コオロギ、鈴虫
たぶん換気口とかから?虫の奏でる音が侵入してくる絵文字


さて絵文字

今年、SMK/Brasil66の活動はとても限られていますが

先週金曜日

宝塚、逆瀬川のスタイリッシュなMusic Bar
GKさんでライブすることが出来ました絵文字

102SMKatGK 2 (2020-10-05 22-23)102SMKatGK 1 (2020-10-05 23-35)
102SMKatGK 4 (2020-10-04 17-24)102SMKatGK 3 (2020-10-05 22-34)
102SMKatGK 8 (2020-10-04 17-27)
※クリックで大きく表示されます

この日は、セルメンのBrasil'66を当時(60年代)に聴いたというお客さまも
何人かいらっしゃって
嬉しかったし、身の引き締まる思い。

私たちは
SMK/Brasil66を立ち上げた当時から
<セルメンやBrasil'66のファンの方が聴いても満足して貰えるパフォーマンス>
を目指している。

「こんなんじゃない」と
がっかりされることのない
セルメンに恥ずかしくない、サウンドを追求している。。。(真剣(゜-゜))

このサイトをご覧になって
存在を知ってくださった関東の方が、離れたところから応援してくださっていたり絵文字
youtubeにUpした動画を海外の方が評価してくださったりが
とても、励みになっています☆

けど、関西ではほんとーに認知されてなくて

ですので
今回、Brasil'66ファンの方と、ライブでお会い出来て
すごく喜んでいただけたので
幸せです (*^^*)


それから、
GKさんでは最近、日本で暮らしている外国人のお客さまにも会う。

たまたま通りがかって、ライブに立ち寄ってくださった方は、
上手な日本語で
「感動しました。とても楽しい時間を過ごしました。」と言ってくださって。

楽しい時間を過ごせたのは
私たちこそなので、

感謝いっぱいでした絵文字


ではさいごに、

その日のお客さまのおひとりの
お気に入りのナンバー
次回のリハから取り組む予定の

"Slow Hot Wind" をリンクいたします!



セルメンのアレンジでは
渋い男性コーラスが印象的なこの曲

"Moon River" が有名な「ティファニーで朝食を」や、「シャレード」など
映画音楽を数多くてがけた、Henry Manciniヘンリー・マンシーニが作曲しています。


今日も、SMK/Brasil66のblogをお読みいただき、ありがとうございます絵文字

夜は寒いと感じる日もあります。
どうぞ、くれぐれも体調には気をつけてください。

次回もぜひ、覗いてみてくださいね^-^