本日 297 人 - 昨日 272 人 - 累計 285923 人
サイトマップ
RSS

踏み外すか

2020年11月24日
こんにちは!

3連休絵文字どのように過ごされましたか。

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

先週は土曜日にSMK/Brasil66のリハ絵文字
ピアノ、ベース、ドラムに、フルート、ヴォーカルの5人で
2月にライブをする宝塚、逆瀬川のGKさんで3時間

各曲が濃すぎて...3時間でも、全然時間が足りないです。

前々回のblogで紹介した "Laia Ladaia"や、"For Me"、"Norwegian Wood" などを
どうにか、オリジナルぽく仕上げたいけれど

いろんな楽器の音や、ヴォーカルを重ねて、
計算されて録られたオリジナルのサウンドの厚みや、完璧な音量バランス
音の広がりを、どう再現していったらいいのかなぁ。。

結局、SMK/Brasil66の編成なりの、バランスや完成度を目指すしかないのかなと思う。

"セルメンらしさ" "Brasil'66らしさ" は、外せないし
簡単ではありません^^;


自分のことになりますが

先週は2つJazzのライブをしました絵文字

1117FLAP 5 (2020-11-23 22-05)画像
坂井あつひろさん(wb)と

お客さまが演奏スペースの前の席にいらっしゃるときは
スポットライト無し(お客さまが眩しいので)暗闇のシルエット...
画像
東孝二さん(pf) 塩原タカミチさん(eb)と
実際以上に暗く写ります…

川西能勢口のBar FLAPさんでは
お客さまにJazzの名曲を知っていただきたい、楽しんでいただきたいのと同時に、

修行させて頂いてるとも思っていて

フェイクとスキャットは
そんな私の、永遠の課題です。

特にduoでは、人数の多いバンドと違って
ヴォーカルもアドリブ(スキャット)をする必要に迫られるため
1ステージに2曲程度は、スキャットしてみる。

帰宅して録音を聴いてみて、気づくのは

ちょっとだけ慣れて、「聴きやすいスキャット」?が出来るようになった、けど
これ、後で聴くと、何も面白くないんです。。。
無難な音で出来た、すぐ楽譜に書けるようなスキャット、つまらない (=_=)

今更ながら
無難に収めるのはもはやJazzじゃない...です。

面白いことしなきゃっていうのが、Jazz絵文字
で、実際音程も怪しくなりながら
限りなく失敗に近いかもっていう、綱渡りみたいなスキャットのほうが、
後で聴いたら、悪くないことがあります。

もちろん、
Jazzの音階や、進行の決まりがあって
それに沿った音を選ばなきゃいけないから
そういう理論とかを勉強出来てない自分のやってることは
感覚だけ><

しかもその感覚だってたいした感覚じゃない。

。。。自分の不完全さ加減が嫌になってきましたが


自信があるのは
スキキライだけは、すごくはっきりしている。

好きなサウンド
好きな音遣い
好きなコード進行
好きな...

自分を信じて
好きな音楽を、歌を追求したいです。

今日言いたかったのは
スキャットで、踏み外すことを恐れずに冒険しなきゃいけないということ。

Jazzの楽しさはそこだから。

Jazzのことばっかり書いてしまった。

今日もSMK/Brasil66のblogを最後までお読みいただき、感謝いたします (*^^*)

セルメンとJazzは、どちらも失えない自分の両翼みたいなもの。

今週はライブもリハもなくて
しょんぼりしそうです ( ..)φ

注意を怠らず、
日々の生活を大切にしたいです。

乾燥から喉を守って、お風邪にも注意してください。

ご訪問ありがとうございます絵文字

また遊びにいらしてくださいね。


弾きながら!

2020年11月16日
こんにちは!

あちこちに落ち葉の山。。。絵文字

11月にしては暖かな毎日
いかがお過ごしですか?

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

先週金曜日、コーラスを担当しているハリーさんと、
これまで利用したことのない神戸のスタジオで
ヴォーカルのパート練習をしました。

3人で練習する筈だったのですが
関西の感染者の増加で
自粛のため、Youheiさんが参加出来なくなり

10畳のスペースに2人、見た目に寒そうなスタジオの風景 (・。・;

1113三宮 8 (2020-11-16 17-15)画像
画像
開いてるドアは使用されてない部屋です。

結成以来長くやっている曲 "One Note Samba" のハモりの音に発見があったり

歌詞を一緒に歌う、ポルトガル語の "Triste" の発音をチェックして統一するなど
通常のリハでは出来ない事が出来ました。

リハの後
ハリーさんが神戸らしい内装の
ビア・レストランに連れてってくださった。
しかも、絵文字飲んだのは私だけ(ごめんなさい><)

画像
短時間でしたが、久しぶりの神戸の夜絵文字

今週末はGKさんでリハなので
ハリーさんと練習したことが活かせるかなー

さて

セルメンの曲の男声のコーラス

SMK/Brasil66では
当初から、ハリーさんがベースを弾きながら
ここ数年はYouheiさんもギターを弾きながら、担当してくれています。

弾き歌い絵文字
すごいなー

歌うだけでも
弾くだけでもない
両方やもん..絵文字

コーラスもバンドのアンサンブルの中の1パート。

賑やかなラテンの雰囲気を出したり、

無駄のないハモリの音は、クールで洗練された印象を加えて
いかにもセルメンぽいです。

今日は最後に、これまで取り入れてなかった難しいハモリが
次回のライブでは聴けるかも?

"One Note Samba"をリンクいたします♪



初々しさ満開の 笑
私たちの初期の動画も。。。ぜひ!



今日もblogに最後までおつき合いいただき、ありがとうございました。

マスクをしないでいい場所や時間帯を選んで
外の空気を吸うとリフレッシュ出来ます絵文字

どうぞまた覗いてみてくださいね絵文字

こんにちは!SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。

最近鼻炎がひどい日が多くて
お薬漬け (=_=)

たぶん寒暖差のせい。

先週金曜日のライブの日も、朝からくしゃみを連発(;;)
喉は全く問題なく、熱も無いので
お薬で症状を抑え
ライブに臨みました。

こういう時は
本番に合わせたタイミングでお薬を飲むので
お店に向かう直前まで鼻をかんでいて、メイクも出来ず

テンションが上がらず、歌う気にもならず...
練習も、無し絵文字

もう、なるようになるやろーっていう感じ

でも

結果、本番で考えすぎないし、
力が抜けていて良かったりもする。

気心の知れた長年のパートナーNatashaさんと。
116FLAP 3116FLAP 8
        
その日はアーチスト感がめっちゃある風貌の
実際楽器もされる常連のお客さまが聴いてくれて
私たちに、いろいろ感想をおっしゃってくれた。

で、

「全然エロくない!」
「もっとエロく歌わないとだめだよ」
って。。。

( ..)φ

キャラもこんなだし
よく分かるから反論は出来なくて

でも次聴いていただける時は期待に応えたい?し

「今度までに、もっとエロっぽくなるように..(ブツブツ)」と述べていたら

「エロっぽくじゃなくてエロく!」

( ..)φ


ところでBrasil'66だって

実はLani Hallの歌は
到底、20代のヴォーカルとは思えないくらい、大人びています。

前出のライブでいただいた言葉は過激だけど
=adultな、成熟した大人の感じをもっと出してよ、っていう意味だと思っている。


今日は、来年2月のライブで予定されている
Edu Lobo作曲のナンバー
もともとのタイトルはポルトガル語で「祈る」という意味の"Reza"

この曲の歌詞を紹介してみます。

Laia Ladaia (Reza)
    written by Edu Lobo, Ruy Guerra
     English lyrics by Norman Gimbel


I will walk the earth now
Swimmin' seven seas
to find my true love
I'll go no matter where, now
to find him, come-what-may
To be near him and hear his voice
To behold him and know his touch
For the love of my one true love
I pray

Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria
Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria

Ó meu santo protector traga o meu amor

Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria
Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria

Se é fraca a oração, mil vezes cantarei

Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria
Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria

Oh Ave Maria, oh...

Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria
Laia, ladaia, sabatana, Ave Maria...



訳してみました。
※私なりの訳ですm(_ _)m

歌詞は英語とポルトガル語が混ざっています。

"ライア ラダイア サバタナ"は(たぶん意味の無い)祈りの言葉です。

o=the meu 私の santo 聖なる protector 守護者
traga 持ってくる amor 愛する人
se=if é=is fraca 弱い oração 祈り
mil vezes 千回 cantarei=I will sing  
 

ライア・ラダイア(祈る)

地球を歩く、今
7つの海を泳ぐ
真実の愛を見つけに
私がどこへ行っても、今
彼を見つけるために、何が起ころうとも
近くにいて、声を聞くために
彼を見つめ、彼が触れる感触を知るために
私の一つの真実の愛の、その愛、のために
祈る

ライア ラダイア サバタナ、マリアさま
ライア ラダイア サバタナ、マリアさま

私の聖なる守護者さま
愛する人を連れてきてください

ライア ラダイア サバタナ、マリアさま
ライア ラダイア サバタナ、マリアさま

もし祈りが弱いのであれば
千回でも歌いましょう

ライア ラダイア サバタナ、マリアさま
ライア ラダイア サバタナ、マリアさま

。。。。。

この曲の持つ祈りのパワーを表現するには
本物の信仰心が無いと無理なのかも




Lani Hall の歌は、大人っぽいだけでなく、
めっちゃ男前でもあって、惚れてしまう。

Laniのように
低音で輪郭のはっきりした発声をするのは
ほんとうに難しいです。

どの高さでも
芯になる音と、それを取り巻く響き、倍音?の割合が
安定している。
高音では高そうに聞こえず
低音では低そうに聞こえない。

少しでも近づきたいです。


作曲者Edu Loboの、ゆったり、Jazzテイストのあるバージョン。



ブラジルで生まれた曲にこんなに魅かれること

すごく不思議で、楽しい。

今日もblogを最後までお読みいただき、ありがとうございました絵文字

昨年の今頃とは全然違う日常。

まだまだ大変な日が続きますが、
毎日お元気でお過ごしください。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね!

出かけてた

2020年11月02日
こんにちは絵文字

11月、ポルトガル語でnovembro ノヴェンブロになりました。

いかがお過ごしですか?

SMK/Brasil66 ヴォーカルのYuriです。
月が替わるのが早い...


雨の月曜日絵文字

出勤しないから、というのはありますが
雨は好きで、癒されます。

水の恵みを求める、動物的な本能ぽい。



先週は数日、珍しく出かけていました。

画像
画像画像
普段と違う場所を歩くのは楽しい。朝も、夜も。


音楽から離れた日々


画像画像画像
伏見稲荷の山頂まで登ったり

動物園にも行きました(何年ぶり!?)

ブラジル'66
ではなく
ブラジルバク(駄洒落にもなってない汗 すみません)

ブラジル、に反応して撮影してみたけれど

画像
近くに来てくれなかった (゜-゜)

結構日本各地の動物園にいるみたいです。

アメリカバク tapir(奇蹄目バク科バク属)の別名なんだそう。
夜行性、草や木の葉、水草を食べて、水にも5分程度潜れる。

ちなみに、獏という中国から日本へ伝わった伝説の動物(悪夢を食べる)に似ているから、
tapirが、日本ではバクと呼ばれるようになったらしい。

ポルトガル語でバクは、アンタ笑。。。anta絵文字
これ忘れない。使い道がなさそうだけど。
発音はなんか関東風に色っぽく「あんた」っていう感じ??


今日は雑学みたいな
音楽じゃない話題ですみません。。

少し離れていたからこそ

自分には音楽が必要で、
どれだけ歌うことが好きか、わかる。

今週金曜夜のライブは、Natashaさんと絵文字
いつもの川西のbar FLAPさんで。

秋限定の曲もいくつか選曲して
お送りいたします。

今日もSMK/Brasil66のwebsiteにご訪問、ありがとうございます絵文字

次回はBrasil'66のナンバーから
歌詞を紹介したいです。

マスクが風よけになって、いい感じ、
お風邪にもご注意ください。

どうぞまた覗いてみてくださいね^^/