本日 297 人 - 昨日 272 人 - 累計 285923 人
サイトマップ
RSS
こんにちは。SMK/Brasil66 Vocalのユリです。

今回のブログ...昨夜は更新ミスで途中で切れてました(-_-;)
時々、ブログやサイト作成に慣れている人から考えたら、ありえないような事をしている気がしますが...たまに変な部分があっても見捨てないで戻ってきてください^_^;

関西は今日月曜(25日)は午後から晴れて来ました。そして、何か蒸し暑くなって来たと思ったら、日が暮れる頃にひと雨ありました(・。・;

先週は台風で、ひどい雨風を覚悟していたら、このへんは大したことなく。。。
なのに、台風も無くなったのに大雨が続いている所があったりと、空のご機嫌は予測のつかないことも多いです。

たまたま誰かと約束した日、急に雨だったりすると、「もしかして雨女(雨男)?」と疑ったり、疑われたりということ、よくあると思いますが、これって普通は半分以上冗談で、面白おかしく言ってるだけです...よね!?
本気で言ってたら、喧嘩になりますよねえ<(`^´)>

実際に「雨男とか雨女」、「晴れ女とか晴れ男」...私は存在するとは思ってなかったのですが、最近ある新聞の記事に、「日本雨女雨男協会」というのが紹介されていて。。。
今ちょっと検索してみたら!!!
クリックした瞬間に出る、トップページ一面の「雨」の文字に...ついクスって笑っちゃいました!
日本雨女雨男協会

私はトップページをチラッと見ただけですので、こちらのサイトをお勧めするわけでも、もちろんお勧めしないわけでもないですが、何だか、このトップページの「雨」の文字を見ると、元気が出るような気がしたのでo(^O^)oリンクさせていただきましたm(_ _)m
SMK/Brasil66とは関係のない話題をお届けしました^_^;

ここからが、私たちのバンドのライブのお知らせなどになります。
(「日本雨女雨男協会」サイトから帰ってきて下さったと信じて(^_^;))

今月30日にSalon de Sansuiさんでのライブを控えて、先日23日の土曜日、スタジオでリハーサルしてきました♪

演奏曲は前回とほとんど同じなのですが、楽器の編成が変わりますので、前回お越しくださった方にも楽しんでいただけると思います♪
特にギター好きの方は、音色に癒されること間違いなしです~(^O^)/
出演のメンバー全員ライブが楽しみです。ゴキゲンなライブになるよう、がんばります(^_-)-☆

そういえば。。。
今思い出したのですが、SMK/Brasil66にも「雨男」が!。。。あるメンバーさん自分で言ってました(・・;)
土曜日のお天気、雨でも長靴はいてライブにお越しください↑

bn-sansui02ホームページ.gif
19時スタートで、ミュージックチャージは1000円ですm(_ _)m

さて、今日は、一番最初にSMK/Brasil66のレパートリーになった曲、「Night And Day」の最新のスタジオ練習の録音をお届けします。

Sergio Mendes&Brasil66の「Night And Day」は、もともとはコール・ポーター(Cole Poter)が作詞作曲して、1932年に発表した、ジャズスタンダードとして、とっても知られたナンバーです。それをSergio Mendesがアレンジして、60年代に発表したものを私たちは演奏しています♪
何か難しい説明文みたいになっちゃいましたが...(@_@)

「夜も昼も、そばにいても離れてても、車の騒音のさ中でも、1人っきりの部屋の静けさのなかでも、あなたをだけを想っている」そんな歌詞の曲です(^-^)

画像タグ♪音源用.jpg
↑クリックでお聴きいただけますm(_ _)m
その他の録音や動画は、「リンク」またはTopページ左側のLink☆☆☆からどうぞ(^-^)
※ヘッドフォン使用で、全ての楽器音量をバランスよく聴いて頂けます。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪
次回のご訪問も、お待ちしております(*^^*)


Tempo

2012年06月17日
こんにちは~SMK/Brasil66 Vocalのユリです!
ちょっと不安定なおTempoですが…お元気ですか?
おTempo・・・
間違い…お天気です(^◇^)
でもホントは間違ってません!!
Tempoっていうのはポルトガル語で天候のことなんですよー♪

セルジオ・メンデスのポルトガル語の曲を歌っているのに
ポルトガル語を「ちゃんと学ぶ」までには程遠い私ですが...
ちょっとずつでもポルトガル語の知識を増やしていきたいです。

でもTempo(テンポ)という単語、これまで音楽用語の「速度」の意味しか知りませんでした。音楽用語のほうは、イタリア語なんです。
<もっと速く演奏すること>、<もっと遅く演奏すること>を「テンポを上げて」「テンポを下げて」などといいます。これは割と一般的に使われていますよね。。。

そしてセルメンファンなら、Tempoという単語に、ビビッと?反応したはずです!
セルジオ・メンデスの一番新しいアルバムのタイトルが「Bom Tempo」ですもん・・・
これ、意味は「良い天気」、でいいのでしょうか?(誰に聞いてるんやって話ですが_(._.)_コピーバンドVo.なのに...(> <))
調べたところ、アルバム「Bom Tempo」について、セルジオ・メンデスは「良い天気、良い時間、良いテンポ(速度)の全ての意味を含む作品」と言ってるらしいです!ん~とっても素敵なタイトルですね♪
アルバム情報は、セルメンの事なら何でもわかる(^-^)こちらのサイトからどうぞ!→Bom Tempo

今月末のSalon de Sansuiさんでのライブは、5月のライブとは違った編成です。
ピアノ ベース ドラム ギターにVo.2人で、演奏させていただきます(^-^)
私たちSMK/Brasil66のメンバーですが、演奏日によってメンバーが入れ替わることがあります。
ですので、その時々のメンバーの持ち味の出せる演出をしていきたいと、考えています。
6月のライブでは、前回参加していなかったギターのyouheiさんの音をぜひたーっぷり楽しんでいただきたいです。

画像タグ♪音源用.jpg
↑ギターの音ってほんとに味わい深いです~Triste~

ブログを最後まで読んでいただき、ほんとにありがとうございましたm(_ _)m
蒸し暑いと思ったり、梅雨寒だったり、温度湿度ともに変動する時期です。
どうぞお風邪など気をつけてください(^-^)ではまた!

こんにちは~SMK/Brasil66のVocal ユリです(^-^)v
ブログを読んでいただき、ありがとうございます!
しばらく雨が続きそうですね。だって各地梅雨入りしたとの事で...
カエルやカタツムリがさぞ喜んでいる事でしょう(^^;)

以前。。。3月のブログにも書きましたが、私は雨の日の雰囲気が嫌いではないのですけど、ちょっと困ることもあります。
持っている荷物の中に紙類(本とか、手帳とか、書類、楽譜だとか)があると
ザーザー降り///ほどでなくっても、しばらく雨の中を歩くと...
出して見たら、紙が湿って波打ってたりするんですよねー(-_-メ)湿った紙に何か書こうとすると書けない、とかいう事態にもなります(> <)

それから!!!雨で超困ること...バンドなので...ありました!
「楽器が濡れる↓」
楽器に、濡れて良いものはありません。
プラスチックで出来たマラカスだとか、大丈夫そうなものもあるにはありますけど、木製、金属製、皮製も、エレキ楽器も、基本雨は大敵です。
練習のスタジオに向かうとき、雨だと、どのメンバーさんも自分ではなく楽器に傘を差してますもんね(;_;)
雨を通さない楽器ケースもあるとは思いますが、それでも心配です。
持つとしてもマイクくらいなVocal担当としては、かなり申し訳なく思っています。ほんとに( ..)φ
雨の中スタジオに着いたら、ジメジメした気分も吹っ飛ぶホットな練習が出来るように、Vocalとしてはガンバろぅ。。。

今月末には、阪急伊丹駅降りてすぐのライブハウス、Salon de Sansuiさんで、2度目のライブをさせていただきます。
季節柄、雨の日のライブになるかも知れませんが、夏を感じさせる”とびきりホット”なセルメンナンバーをお届けします(^^)/

梅雨入りのせい(反動?)か、「ホット」連発の本日のブログ。。。。(^^;)
ホットホットが「トホッ」にならないように~
!!!!!がんばります↑

Salon de Sansuiさんは、知る人ぞ知るラテン系ライブスペースです。
音響も とっても良いですので、ぜひお越しください。

bn-sansui02ホームページ.gif

今日は、雨天を吹き飛ばす「Mas Que Nada」の、先日のライブ録画をyoutubeからどうぞ。お客さんで来てくださった、パーカッションの先生が録ってくださったものです(^-^)



今日もブログを読んでいただき、ありがとうございました♪

こんにちは!SMK/Brasil66 Vocalのユリです♪
6月に入り、ちょっと蒸し暑くなって来ました。でも植物がひと雨ごとに成長して、虫なども一番活発に活動する季節...生命力に溢れた季節ですね!
虫嫌いな人にはちょっと苦手な季節かも知れませんが?
ちなみに私は結構虫は平気で^。^
先日も、スタジオ練習の帰り、パーカッションのカンダコンガさんの服に‘テントウムシの幼虫がくっついていた’事からナナフシやカマキリなんかの話になり、すっかり虫の話で盛り上がった↑んですけど。。。私のことを「変わってますね。」と言い切られてしまいました^_^;
カンダコンガさんも、かなりマニアックで、変わってますってば。。。

今すんでのところで、ここにナナフシ画像を貼るところでしたが、思いとどまりました(・・;)虫は苦手な方も多いですから。。。

さて、私たちが演奏している曲は、全てブラジル人のセルジオ・メンデス(Sergio Mendes)がアレンジした曲です。
ブラジルに行ったことの無い私ですが、演奏するからには、音楽の事だけでなく、食べ物など身近な事から少しずつでも、ブラジルのことを知りたいと思っていまーす(^o^)
以前ブラジル料理のシュラスコ(お肉の串焼き)の事を書きましたが、
ブラジルといえば...コーヒーの産地としては確か1番の生産量を誇っています。ブラジルのサントスという豆、聞いたことがあるかも知れません。
ブレンドにもよく使われる良質のブラジルコーヒーですが...
ブラジルではコーヒーは飲まれるものの、良い豆は輸出用なので、あまり良くない豆を深煎りしたものが飲まれているなんて聞きました。良い豆=粒の揃った豆という事ですから、味は変わらないかも知れませんね?
苦いコーヒーにお砂糖たーっぷりで飲むらしいです。
イタリアなんかもそんな感じ?デミタスカップの濃いコーヒーにお砂糖をスプーン何杯も入れて。
自分の周りはブラック派が多いですが、これってやはり濃い日本茶を飲む(当然砂糖は入れずに)文化がそうさせてるのかも。
ブラジルの広大なコーヒー農園見てみたいなあ~♪
私ですけど、かなりのコーヒー好きで。
飲まないのは体調の悪い日くらいです(@_@)
              〇タバのCoffee豆〇タバの豆のシールを貼った「パスポート」とコーヒーミル

私たちのHPからリンクもさせて頂いている、日本のセルメンファンならきっと知らない人はいないセルメン情報満載のサイト、「セルジオ・メンデス・ディスコグラフィー」に何と!SMK/Brasil66のライブ映像(youtube)をリンクしてくださいました。セルジオ・メンデス ディスコグラフィー 
Topページを下へ見ていってください。
動画...見て頂けたでしょうか?
サイト内には、2012ライブレポートや「Sergio Mendes Biography」など最新の記事も。Sergio Mendesの写真もたっぷり♪
先日のブログでThe Jokerの翻訳をしてくれたakikobossaさんが翻訳されたインタビュー記事など、楽しく、興味深い内容です。

Sergio Mendesの素敵な音楽のファンがもっともっと増えたら嬉しいです(^-^)
今日もブログにお付き合いいただきまして、ホントにありがとうございましたm(_ _)m